妊娠中絶の基礎知識

妊娠中絶の基礎知識

妊娠中絶の基礎知識について

妊娠中絶の基礎知識についての記事一覧になります。

妊娠中絶の基礎知識記事一覧

中絶できる時期はいつまでか

中絶手術を行なえる時期は決まっています。これは母体保護法という法律で定められている期限です。倫理的な問題も理由の一つですが、一定の時期を超えた状態で中絶手術を行なうと、母体にも大きな負担が掛かります。中絶の時期が定まっているのは、倫理的観念と母体の両方を守るためです。では、中絶できる時期はいつまでな...

≫続きを読む

経口妊娠中絶薬とは

経口妊娠中絶薬は、海外で作られている妊娠中絶の薬です。RU486、もしくはMifeprexという商品名でネット上にも出回っており、日本国内からも購入できるため、問題視されています。経口妊娠中絶薬を個人で利用することは、母体を危険に晒すだけでなく、法律的にも禁じられている行為です。経口妊娠中絶薬の注意...

≫続きを読む

未成年の中絶

未成年の中絶手術で、もっとも問題となるのが同意書の提示です。特に、親の同意書に頭を悩ませる未成年者は少なくありません。妊娠したことを親に覚られたくないために、中絶の判断が遅れてしまい、手術のリスクを高めることになるケースも多く、刻一刻と中絶期限が迫ってくるのに、誰にも打ち明けられない、と追い詰められ...

≫続きを読む

母体保護法と中絶

人工妊娠中絶が行なわれる際には、母体保護法が自動的に適用されます。母体保護法とは、その名称のとおり、母体を守るために中絶を行なってもよいという日本の法律です。日本の国籍を持つ女性であれば、成人・未成年を問わず、人工妊娠中絶を受けることが可能です。ただし、あくまでも母体保護法が定める条件に沿う必要があ...

≫続きを読む

中絶したくない場合

未成年や経済的な理由など、さまざまな事情によって中絶という選択肢を選ばなければいけない女性はたくさんいます。もちろん、これらの判断は否定されるものではありません。しかし、「どうしても中絶したくないから無理をしてでも生みたい」という想いも尊い考え方です。そこで、今回はどうしても中絶したくない場合に知っ...

≫続きを読む

中絶をする理由

中絶という選択肢を選ぶ女性は数多くいらっしゃいます。彼女たちはどういった理由で中絶を決意したのでしょうか?今回は中絶をする理由を紹介していきます。中絶をする理由(1)経済的理由人工妊娠中絶で、もっとも多い理由が「経済的理由」です。この理由は母体保護法でも認められており、幅広い解釈ができる合法的中絶の...

≫続きを読む

双子の中絶

双子の人工妊娠中絶を行なう場合、通常の人工妊娠中絶よりもリスクが高い傾向があります。今回は双子の人工妊娠中絶について説明していきますので、しっかりと把握しておきましょう。双子の中絶(1)双子の出産リスク早産双子の出産は早産のリスクが高まります。未熟児として生まれた子どもは障害を抱える可能性も高く、母...

≫続きを読む

中絶の経験者の割合はどの程度?

中絶を経験している割合は中絶を経験する人はどのくらいいるのでしょうか。妊娠100に占める中絶の割合は一番多いのは20歳未満で60パーセントもの人が中絶を選択したというデータがあります。次いで40代後半から50歳未満で50パーセント、20歳以上25歳未満と50歳以上で30パーセントとなっており、中絶経...

≫続きを読む

中絶を繰り返すのは何回までなどの回数制限はあるのか

中絶に回数制限はあるのか昔から「中絶は3回まで」などということが言われてきました。しかし実際、回数制限は特にありません。法律でも罰則などありません。ただし中絶とは身体の負担が多いもの。繰り返すと良くないことには変わり有りません。ですから、中絶に回数制限があるという説はひとつの教訓の意味があるのでしょ...

≫続きを読む

芸能人や有名人の中絶について

芸能人、有名人の中絶は芸能人や有名人で中絶を経験したのではないかという噂がたてられている方々はたくさんいます。しかし全てが真実ではなくあくまで噂ですから真相はわからないことがほとんどです。テレビで活躍しているからといって自分のプライベートをオープンに話す人ばかりではありませんし、中絶はイメージダウン...

≫続きを読む

日本の中絶件数

日本の中絶は日本では中絶の実施件数は年々減ってきています。数年前は25万件を超えていたものの20万件程度となっています。しかしこれを少ないとみるのは間違っているでしょう。事実、中絶自体禁止されている国さえ存在するからです。日本は世界的にみても中絶件数は多いのです。どうして多いのかどうして日本は中絶が...

≫続きを読む

中絶と流産の関係

中絶すると流産しやすくなるのか中絶を経験した人がいざ子供が出来、産み育てたいと考えたときに真っ先に浮かぶのが流産のことでしょう。中絶をした人は流産しやすいのでしょうか。もしも中絶をしたことがあっても、その時に正しい処置を受けていれば次の妊娠に影響を与えることはないようです。しかし何度も繰り返している...

≫続きを読む

中絶に必要な書類と手続き

中絶に必要な書類中絶には、いくつか書類が必要になります。まず、中絶の同意書です。妊婦さんとパートナーのサインが書かれているものが必要です。中絶同意書は、基本的に漏えいすることはないので安心してください。パートナーが亡くなっていることがあります。そんなときも同意書は提出できます。これはしっかりと母体保...

≫続きを読む

中絶反対派の主な意見

ひとつの命を絶つことになる中絶反対派の人のほとんどは生命の始まりは受精をしたころからだと言う風にとらえています。そのためいくらお腹の赤ちゃんが小さくてもひとつの命なのだという認識です。こう考えると妊娠中絶は殺人行為といっても過言ではなく犯罪のひとつとなります。妊娠について知識のない若者などは、おなか...

≫続きを読む

中絶賛成派の主な意見

レイプなどによる妊娠がある海外では特に多いのですが、レイプ事件によって妊娠をしてしまうことがあります。そんな望まれない妊娠に中絶は必要だという意見があります。赤ちゃんが重度の障害をもっているとき近年、出生前診断でいろいろな病気が早期に見つかるようになりました。妊婦さんの心構えとして行われるのですが、...

≫続きを読む

中絶を自分で行う方法はあるのか

中絶を自分で行うのは可能か中絶を自分で安全に行う方法はあるのでしょうか。妊娠9週目まででしたら薬で中絶を行うことが出来るといいます。この薬とは子宮収縮をうながすもので月経を引き起こさせる効果があります。いつもの月経よりも血の量も多く嘔吐や下痢を繰り返します。医師の監督のもと使用しなければならず、必ず...

≫続きを読む

中絶と親バレ

中絶を親に内緒で行えるのか未成年、特に高校生当たりは性に関する興味の高まりから望まない妊娠をしてしまったケースは少なくありません。中絶を考えても周りの人には相談できず、親にすら話せずにいる人もいます。出来れば親バレを避けて中絶を行いたいという場合は多いものです。親に内緒での中絶は可能なのでしょうか。...

≫続きを読む

中絶すると妊娠しにくくなるのか、それとも妊娠しやすくなるのか

中絶すると妊娠しにくくなる女性は妊娠をして子どもを産みます。しかし、それが望まない妊娠であったり、病気などが原因で妊娠を続けることが難しかったりする場合、中絶を行うことになります。しかし、中絶をすることで、将来的に子どもが妊娠しにくくなるという話や、逆に妊娠しやすくなるという、相反する聞いたことがあ...

≫続きを読む

中絶は殺人と同じ?

中絶の必要性女性が妊娠し、その妊娠の継続をしない場合に中絶が行われます。例えば、学生の段階で妊娠をしてしまい、子どもを育てることが不可能である場合は中絶をする必要があります。また、妊娠をして出産を希望している場合でも、病気などが原因で出産まで行うことが難しい場合にも中絶が行われます。しかし、中絶とい...

≫続きを読む

中絶に関する法律

日本での中絶日本では中絶は一般的に行われています。あまり勧められるものではありませんが、様々な理由で中絶を行う人がおり、その数は年間で18万件以上に及びます。日本ではこれだけの数の中絶が行われていますが、それほど簡単に行うことができるのでしょうか。実は中絶に関しての法律があり、様々な決まりがあります...

≫続きを読む

中絶に関する歌

中絶は様々な理由によって行われます。そのため、必ずしも悪いこととは言い切れません。しかし、お腹の中にいる小さな命を終わられる行為には変わりありません。日本での中絶は比較的簡単に行えます。そのため、万が一妊娠しても中絶すればよいという考え方が浸透しています。世の中には中絶に関する歌があります。このよう...

≫続きを読む

子宮外妊娠と中絶

子宮外妊娠とは通常、女性が妊娠する場合は受精した卵子が子宮内で着床します。そうすることで、子宮内で子どもが育つのです。しかし、中には子宮外妊娠と呼ばれる状態になる人もいます。これは、その名のとおり、子宮以外の部分で妊娠するものです。発症率は1%と非常に低いものですが、誰にでもなる可能性があるものです...

≫続きを読む

中絶が禁止となっている国

日本は中絶が多い国日本では非常に中絶が一般化されています。その数は年間を通して非常に多く、世界的に見ても中絶大国と言われるほどです。これは、中絶に対する規制が少なからずあるものの、条件はそれほど厳しくなく、ほとんど誰でも中絶をすることができるためです。しかし、世界には中絶ができないという国もあります...

≫続きを読む

中絶に関する本

中絶は心にも痛みを伴う日本では中絶を行う人が多くいます。理由は様々で、経済的に育てることができない場合や、母体に危険が伴うことから中絶を行う場合などです。しかし、どのような理由であっても中絶を行うことは、母体に負担がかかるものです。そして、一つの命を殺してしまうことでもあるため、心にも痛みを伴います...

≫続きを読む

中絶と母子手帳

母子手帳とは女性の妊娠が発覚した場合、母子手帳を貰う必要があります。この母子手帳とは、母親と赤ちゃんの健康状態を記録していくものです。身長や体重なども記録されますし、赤ちゃんは予防接種なども多く受けることになるので、予防接種を受けたかの記録などもされます。これは、妊娠した場合に区役所に届け出をするこ...

≫続きを読む

中絶の歴史

日本での中絶日本は中絶大国。このような言葉が飛び交うほど、日本では中絶が一般的に行われています。中絶は赤ちゃんの命を終わらせるものであり、大人の都合によって赤ちゃんを殺すという考えから否定的な意見も多くあります。しかし、今現在では赤ちゃんを産んでも育てることができない学生などを中心に、中絶は広まって...

≫続きを読む

中絶と戸籍

中絶すると戸籍に残るのか中絶を行う場合、非常に多くの心配を抱えてしまいます。中絶を行うことで、身体にどのような影響がでるのか、中絶を行うことで長い間罪悪感を抱くことになるのか、など色々と悩むことになるでしょう。そんな中、中絶を行う女性やそのパートナーである男性が抱く疑問で多いのが、中絶をすることで戸...

≫続きを読む

中絶は女性の権利なのか

中絶は女性の権利?中絶は賛否が分かれやすい行為です。妊娠が確定した時からお腹には命が宿っています。しかし中絶はその命を殺してしまいます。その行為が許されるものなのか、許されないものなのかという意見が分かれるのです。そして、中絶は女性の権利なのかという点でも意見が分かれています。中絶は本当に女性の権利...

≫続きを読む

中絶したことは医者や恋人に分かるものなのか

過去の中絶は分かるのか一度中絶を経験した女性の中には、新たな恋人などに中絶の経験を隠しておきたいという気持ちを持つこともあると思います。理由によっては中絶もやむを得ないものですが、賛否が分かれやすいものでもあるため、隠しておきたいという気持ちになるようです。しかし、中絶の経験は隠していたとしても、医...

≫続きを読む

中絶の問題点とは

問題点を抱える中絶中絶は今多くの日本人が行っています。しかし、施術方法が方法なだけに賛否両論あり、年間多くの胎児が中絶されている現実もあり、否定的な意見が多く見受けられます。しかし、中絶を必要とする人もいるのです。例えば、このまま出産を迎えると母体に危険が及び、命にかかわる場合もあるとした場合、中絶...

≫続きを読む

中絶か養子縁組かの選択

中絶を行う理由日本では中絶が非常に多く行われています。しかし、法律では中絶を行う上での条件が定められています。それにも関わらず、なぜ中絶は多いのでしょうか。中絶を行う人の年齢層は、若い人たちが多いです。そして、中絶を行うことができる条件には、経済的に出産が難しい場合という条件があります。つまり、若い...

≫続きを読む

中絶と学校

学生で中絶をした場合学生のうちに中絶をするというと非常に衝撃的に感じます。しかし、学生で中絶をすることはなにも珍しいことではありません。それどころか、中絶の主な原因は学生で妊娠をしてしまい、経済的に子どもを育てることができないというものが多いのです。しかし、学生は学校に通うもの。その期間に中絶をする...

≫続きを読む

中絶すると膣は緩くなるのか

中絶による膣への影響中絶はできれば行うべきではありませんが、中には行わざるを得ない場合もあります。そんな中絶には様々な不安点があると思います。その中で多くの女性が心配をしているのが、中絶をした後に膣が緩くなるのかということです。中絶後に心配で入浴できないという人もいるほどです。では、実際に中絶で膣が...

≫続きを読む

江戸時代の中絶

現代における中絶日本は中絶大国と呼ばれているほど、中絶が多く行われています。中絶は自然と産まれてくるはずの子どもを早い段階で無理矢理排出されるため、身体への負担が大きくなります。また、中絶は医学的な行為ではあるものの、自分の子どもを殺すという行為でもあるため、精神的にも負担は大きいでしょう。しかし、...

≫続きを読む

仏教やキリスト教では中絶をどのように扱うのか

宗教による中絶の違い中絶は様々な理由で行われます。経済的な理由もあれば、身体的に出産が難しいというやむを得ない理由もあります。このような理由から、日本では多く中絶が行われています。しかし、中絶は子どもの命を絶つ行為。そのため、宗教によっても考え方が変わり、国によっては宗教の問題で中絶が禁止されている...

≫続きを読む

中絶を人に勧める場合

中絶の相談をされた場合女性であれば中絶をするかしないかの判断をしなければならない場面がないとも限りません。しかし、中には自分自身の判断ではなく、友達などに相談をされて判断をしなければならないこともあるかもしれません。しかし、中絶は子どもの命を殺すもの。ましてや他人のことであれば、尚更判断しにくいこと...

≫続きを読む

母子家庭と中絶

母子家庭で中絶をする中絶を行うのは学生が多いです。その理由は、経済的に産むことが難しいからです。しかし、母子家庭の場合も同様の理由で中絶を行う人が多くいます。母子家庭であれば、新たに生まれてくる子どもまで育てることができない場合があります。このようなことが内容に避妊をすべきだとは思いますが、中絶の必...

≫続きを読む

中絶を減らすためにはどうすればよいのか

中絶が多い日本妊娠をしても出産することが難しい場合、中絶という手段がとられます。中絶は世界中で行われていますが、世界的に見ても日本の中絶の件数は多くなっています。中絶は自分の子どもを殺す行為です。そのため、世間的には批判的な意見が多くあります。しかし、日本では中絶の件数が多い。これには、日本における...

≫続きを読む

中絶が合法となる国

中絶は合法か違法か中絶は日本を始め世界中で行われています。しかし、中絶は胎内の子どもを殺す行為であるとして、法律で禁止されている国も多くあります。しかし、様々な理由で中絶は行われており、最終的には中絶を行うしかないという人も少なからずいます。しかし、法律で禁止されているため行えない。そのため、世界で...

≫続きを読む

中絶は増加しているのか?その原因とは

日本での中絶は減っている?日本は非常に多くの中絶が行われています。過去には避妊に失敗した場合には中絶をすればよいという考え方もあり、その流れで現代でも中絶が多い状態になっています。その数は世界的に見ても多く、日本は中絶大国とまで呼ばれています。しかし、中絶が多いというイメージが先行している日本ですが...

≫続きを読む

中絶に対する罰則

堕胎罪とは堕胎罪とは、胎内の子どもを殺すことを罪としています。胎内の子どもは妊娠が確定した瞬間から一つの命と考えられます。これは本人であっても、本人が依頼した人であっても、堕胎をさせることは罪になります。また、無理矢理堕胎をさせた場合ももちろん罰せられます。この堕胎罪は殺人と同じような考え方であるた...

≫続きを読む

中絶と閉経

実は多い40代以降の中絶日本は中絶が多い国としても知られていますが、実は中絶の全体の件数は減少傾向にあります。また、経済的に子どもを育てることができないという理由で中絶をすることが多かった学生ですら、近年件数は減少しています。そして、中絶の件数で増加しているのは、意外にも40代の女性なのです。40代...

≫続きを読む

中絶と名誉毀損

中絶は悪いこと?中絶は100%悪いことではありません。たとえ妊娠をしたとしても、母体の身体がそれに追いつかず、出産をすると母体が命の危険にさらされてしまうということもあります。この場合、母体を犠牲にして子どもを産むのか、子どもを犠牲にして母体の命をとるのかを選択しなければなりません。どちらが正しいと...

≫続きを読む

スポンサーリンク