妊娠中絶の手術

妊娠中絶の手術

妊娠中絶の手術について

妊娠中絶の手術についての記事一覧になります。

妊娠中絶の手術記事一覧

中絶手術の方法

妊娠中絶手術は、初期と中期で方法が変わります。ここでは妊娠初期の中絶方法と、妊娠中期の中絶方法をそれぞれ紹介していきます。妊娠初期の中絶方法(1)ソウハ法戦前から用いられてきた中絶方法です。子宮内にスプーンのような器具を入れて、妊娠の際に作られた器官を体外へ掻き出します。技術力が高い医師であれば、負...

≫続きを読む

中絶手術の費用

妊娠中絶手術には、金銭的な不安が付きまといます。中絶手術は自由診療となり、健康保険が適用されないためです。もとより、健康保険が適用されない診療が、どの程度の金額になるか、知っている人は少ないでしょう。健康保険は多くの人が生まれながらに持っている権利であり、保険外診療を受ける機会は滅多にありません。1...

≫続きを読む

中絶手術の同意書

妊娠中絶手術には必ず同意書が必要になります。この同意書は親族の同意書ではなく、おもに配偶者やパートナーの同意書です。たとえ一夜の遊び相手や既婚者であったとしても、基本的に相手男性の同意書がなければ、中絶手術を行なうことはできません。今回は中絶に必要な同意書について、説明していきます。中絶手術に必要な...

≫続きを読む

中絶手術の痛み

妊娠中絶手術には、ほとんど痛みを感じない時と、必ず痛みを感じる時があります。今回は妊娠中絶手術の「痛み」について、説明していきます。中絶手術の痛み(1)妊娠初期の中絶手術の痛み妊娠初期の中絶手術は、麻酔を使用して行うため、ほとんど痛みを感じることがありません。ただし、手術前の処置で多くの人が痛みを感...

≫続きを読む

中絶手術の時間

妊娠中絶手術の時間は、妊娠初期の12週以内であるか、妊娠中期の12週〜22週以内であるかによって大きく変化します。妊娠初期の中絶手術であれば、当日に退院することも可能ですが、妊娠中期に入っている場合、最低でも3日以上の入院が必要です。ここでは妊娠初期と妊娠中期の中絶手術にかかる時間を、個別に説明して...

≫続きを読む

中絶手術のリスク

妊娠中絶手術を行なった全ての女性が、妊娠できなくなるということはありません。また、妊娠の可能性が極端に下がるということもありません。堕胎=妊娠しにくくなる、というのは誤りです。しかし、中絶手術を行なうことで、妊娠の可能性が低くなる危険性はあります。今回は、中絶手術にどのようなリスクがあるかを説明して...

≫続きを読む

中絶手術と麻酔

妊娠中絶手術は、必ず麻酔を使用した上で行ないます。妊娠初期・中期に関わらず、麻酔を用いずに手術を行なうことは断じてありません。特に全身麻酔であれば、意識がない状態になりますから、手術中に痛みを感じることはないでしょう。ただし、中絶手術の際に行う麻酔には2種類の方法があります。ひとつは全身麻酔、もうひ...

≫続きを読む

中絶手術の失敗

現代において、中絶手術は安全であり、失敗することはほとんどありません。しかし、病気の手術や出産と同じように、失敗のリスクがゼロであるとも言い切れない手術です。今回は中絶手術の失敗について、説明していきます。中絶手術の失敗(1)人工妊娠中絶手術が失敗する確率人工妊娠中絶には、二つの種類があります。一つ...

≫続きを読む

中絶手術当日に行うこと

中絶手術は麻酔や切開を用いる手術だと思われがちですが、初期中絶であれば日帰りも可能です。体への負担も少なく、後遺症も残りませんが、手術当日に向けて準備をする必要があります。どういった準備をしておくべきなのか、今回は中絶手術当日の準備について説明していきます。中絶手術当日の準備(1)中絶手術当日のご飯...

≫続きを読む

中絶手術当日の服装

中絶手術を受ける際には、どんな服装で行けば良いのでしょうか?また、中絶手術中に着る服はどんなものなのでしょうか?今回は中絶手術の服装について、説明していきます。中絶手術の服装(1)病院に行くときの服装病院に行くときの服装は普段着でかまいません。手術の際には、ほとんどの病院で患者用の服が用意されていま...

≫続きを読む

中絶手術を親に伝える

中絶手術を行なうことを親に告げる時には、誰もが不安に苛まれます。この気持ちは未成年であっても、成人であっても同じです。今回は中絶手術を親に伝えるべきかどうかを説明していきます。中絶手術を親に伝えるべきか(1)中絶を親に伝えたほうがいい場合中絶の事実を親に伝えたくない、と考える人は多いです。実際に伝え...

≫続きを読む

中絶手術と仕事

中絶手術は初期中絶であれば、即日退院が可能です。手術の時間もさほど長くないため、半日程度で帰宅することができます。では、中絶手術後に職場へ出勤することは可能なのでしょうか?今回は中絶手術と仕事について、説明していきます。中絶手術と仕事(1)中絶手術当日に出勤は可能か妊娠12週までの初期中絶であれば、...

≫続きを読む

中絶手術の立会い・付き添い

中絶手術を他人に知られたい人はいません。友人・知人だけでなく、家族にも隠しておきたいと考える人がほとんどです。中絶手術を受ける日に、家族や友人・知人の付き添いや立会いは必要なのでしょうか?今回は中絶手術の付き添い・立会いについて、説明していきます。中絶手術の付き添い・立会い(1)中絶手術に付き添いや...

≫続きを読む

中絶手術で入院

初期中絶の場合、ほとんどの人が即日退院します。特殊な問題が起きない限り、入院することはありません。しかし、中期中絶の場合は入院が必要になります。今回は中絶手術の入院期間や退院後の生活について、説明していきます。中絶手術で入院する場合(1)入院が必要になる中絶手術子宮外妊娠など特殊な妊娠でない限り、初...

≫続きを読む

無痛の中絶手術

中絶手術には痛みが伴うと考えている人が少なくありません。実際に痛みを伴う中絶手術も存在しています。初期中絶の場合、麻酔を使って手術を行なうため、痛みを感じることはほとんどありませんが、中期中絶の場合は、痛みを抑えることは難しいです。しかし、無痛の中絶手術も存在しています。今回は無痛の中絶手術について...

≫続きを読む

中絶手術に必要な持ち物

中絶手術には即日退院できる手術と、入院が必要な手術があります。入院の場合はもちろんのこと、即日退院の場合でも手ぶらで来院することはできません。今回は、中絶手術を行なうにあたって、持って行くべき持ち物を紹介していきます。中絶手術に必要な持ち物(1)中絶手術に必要な書類や証明書中絶手術には必ず書類が必要...

≫続きを読む

中絶手術前の準備

通常の病気の手術と同じように、中絶手術の前には、準備をしておく必要があります。今回は中絶手術の前にやっておくべき準備を説明していきます。中絶手術の準備(1)職場への連絡中絶手術の際には会社を休む必要があります。少なくとも3日程度の休暇を申請するべきでしょう。初期中絶であれば、病院での手術は半日ほどの...

≫続きを読む

中絶手術の前処置

中絶手術の際には、準備が必要となります。特に中期中絶の場合、薬で人工的に陣痛を起こすため、前処置を行なわなければいけません。今回は中絶手術の前処置について、説明していきます。人工妊娠中絶の前処理(1)初期中絶の前処置初期中絶の場合、前処置として子宮頚管という子宮の入り口を広げる処置を行ないます。この...

≫続きを読む

中絶手術前日の過ごし方

中絶手術の前日は前処置を行なうため、強い痛みに悩まされる場合があります。また、緊張や不安から睡眠不足に陥ってしまうこともあります。今回は中絶手術の前日の過ごし方について、説明していきます。中絶手術の前日の過ごし方(1)中絶手術の前日の処置中絶手術の前日には前処置を行ないます。初期中絶の場合も、中期中...

≫続きを読む

2回目以降の中絶手術

二回目以降の中絶手術には、どういったリスクが生じるのでしょうか?今回は、二回目以降の中絶手術のリスクを説明していきます。二回目以降の中絶手術(1)二回目以降の中絶手術のリスク中絶手術は回数を重ねるごとに、不妊のリスクが高まっていきます。中絶手術は子宮から妊娠組織を強制的に取り出す手術です。初期中絶の...

≫続きを読む

日帰りでの中絶手術

中絶は日帰りで行うことが出来るか中絶をする時に妊娠12週まで、つまり妊娠初期であれば日帰りで行うことができます。ただし診察をしたその日にはもちろん不可能ですから、まずは診察を受け、医師から説明をしっかりうけたうえで、同意書を後日持参し、手術となります。また、おなかの赤ちゃんの状態や妊婦さんの状態によ...

≫続きを読む

中絶の吸引法による痛みはどの程度か

吸引法とは中絶の方法に吸引法というものがあります。吸引法は麻酔を投与し、患者が眠った後、子宮内に吸引機を入れて手動もしくは電動で子宮の内容物を吸引します。電動の場合は吸引力の調節が可能です。安全性は高く、ミスの危険性が低いのでどの病院でも差が出にくい方法の一つです。だいたい10分から15分程度で終了...

≫続きを読む

麻酔無しの中絶手術はありうるのか

中絶手術で麻酔なしはあるのか中絶手術というと麻酔をして患者が眠ったあとに行われるのが多いですが、病院によっては麻酔をせずに行うところもあるようです。その理由は妊婦さんの状態によっても変わるのでしょうが、これといった理由はなく病院の方針で行っているところもあるようです。麻酔がない中絶手術とはどのような...

≫続きを読む

二回目の中絶は同じ病院で行うべきか

二回目の中絶中絶はできれば一回までで抑えたいものですが、人によっては様々な事情で二回以上の中絶を行う場合があります。人によっては5回の中絶を経験したという人もいます。中絶は数十分で終わる施術ですが、一つの手術であり、少なからず身体に負担がかかるものです。では、二回目の中絶を行う場合、一回目に中絶を行...

≫続きを読む

中絶のための病院の選び方

病院選びは大切中絶を行う場合、その決心も非常に大切ですが、何よりも大切なのが病院選びです。中絶は非常に短い施術で終わりますが、れっきとした手術です。病院によっては技術も変わりますし対応も違います。中絶自体が心身ともに疲れてしまうものなので、できるだけ技術の高い病院を選ぶべきです。それでは、どのように...

≫続きを読む

中絶手術に使用する器具

鈍ヒで掻き出す日本での中絶は主に鈍ヒを使ったソウハ法が行われます。鈍ヒとはスプーンのような形の器具であり、これを子宮の中に入れ内容物を掻き出すのです。まだ中絶の方法が確立していなかった日本では、手で掻き出すという方法がとられていた時代もありました。そのため、昔から日本に取り入れられていた方法でもあり...

≫続きを読む

中絶と子宮収縮剤

中絶は子宮に負担をかける中絶は妊娠の時期によって手術方法が変わります。妊娠11週目までの、いわゆる初期のころであれば、主にソウハ法と呼ばれる子宮の内容物を掻き出す手術が行われます。通常の子宮は、子宮口が閉じており子宮の内部に器具を入れるなどということはできません。そこで手術の際には無理矢理開き器具を...

≫続きを読む

中絶と帝王切開

帝王切開での出産女性は出産の際、通常であれば経膣分娩と呼ばれる出産をします。しかし、その方法では危険が伴うと医師が判断した場合、帝王切開による出産を行うこともあります。帝王切開は通常の開腹手術と変わらないため、術後の合併症などの心配もありますが、比較的安全性は高いと言えます。また、帝王切開は外部に傷...

≫続きを読む

中絶のための検査内容

中絶は1日で終わる中絶は一つの手術ではありますが、ほとんどの場合が1日で終わらせることができます。手術自体は数十分で終わります。実際は麻酔がとけるまでに2時間ほどかかりますが、1日以上かかるようなものではありません。しかし、中絶は妊娠を中断するという重要な手術でもあるため、事前の検査は念入りに行われ...

≫続きを読む

中絶出来ない理由

中絶は必ずできるものではない妊娠をした場合、病気などでやむを得ず中絶を行う場合も出てくるかもしれません。これは本来の中絶のあり方です。しかし、最近では妊娠したら中絶をすればいいという考えで避妊をしないという人もすくなからずいます。ですが、中絶は必ずしもできるものではないということを知っておいてくださ...

≫続きを読む

中絶手術と食事

中絶の際の食事の注意点中絶は日帰りで行うことができますが、一種の手術であるため、様々な制約がでます。手術前、手術後の行動には注意が必要となります。その中でも気になるのが食事でしょう。どのようなものなら食べても良いのか、どのようなものを食べると回復が早くなるのかなどは気になってしまうものです。では、中...

≫続きを読む

中絶手術の麻酔による吐き気

中絶の際には麻酔が使われる中絶は妊娠初期であれば子宮に器具を挿入し内容物を掻き出す方法がとられます。場合によっては子宮の内部を削り取ってしまうこともあるため、非常に痛みを伴うものになります。そのため、中絶手術中は全身麻酔をかけられて手術に臨むことになります。しかし、この麻酔は手術中には助かりますが、...

≫続きを読む

中絶手術の予約をキャンセルする場合

中絶には覚悟が必要中絶は簡単に行うことができる手術だと思われています。手術自体は数十分しか掛からないため簡単と言えますが、手術の内容は自分の子どもを殺すことです。そのため、それほど簡単な手術とも言えないのです。さらに一人の命を失くすのですから、本人やパートナーにとってもそれなりの覚悟が必要となります...

≫続きを読む

安全な中絶というのはありうるのか

一般的な中絶日本では多くの中絶が行われています。日本で一般的に行われているのはソウハ法と呼ばれる方法で、妊娠11週目までであればこの方法で行われます。また、中絶は妊娠初期に行われる場合が多いので、ソウハ法で中絶をする人が多いです。しかし、この方法は医師の技術に左右されます。技術の高い医師に施術しても...

≫続きを読む

中絶手術の際に化粧をしてはいけない理由

中絶手術当日は化粧できない中絶手術を受ける場合、様々な注意が必要です。例えば、前日は遅くまで食事をしないだとか、当日は化粧をしてはいけないだとかです。しかし、多くの人が疑問を持っているのが、なぜ手術当日に化粧をしてはいけないのかということです。この化粧をしてはいけない理由には、手術を安全に行ううえで...

≫続きを読む

中絶手術の日程

中絶はあらかじめ検査が必要中絶は一種の手術であるため、あらかじめ検査をする必要があります。エコーによる妊娠をしているかの確認や、血液検査や尿検査による感染症の検査、心電図など、身体に異常がなく中絶手術を行える状態であるかを検査します。そして、その検査で異常がなければ中絶手術の日程を決め、手術が行われ...

≫続きを読む

中絶と熱

術後の発熱中絶手術を行った後、身体に変化が出る場合があります。めまいがするようになったり、腹部が痛くなったりという症状がでます。めまいは麻酔によるものであり、腹部の痛みは子宮が収縮しようとしているために発生しているもので、心配はいりません。また、発熱するという場合もあります。しかしこれも術後にはよく...

≫続きを読む

中絶と便秘

中絶手術後に便秘になる中絶手術を受けると、必ずと言っていいほど身体に様々な症状が出ます。やはり中絶は身体にも精神にも負担をかける手術であるため、そのような症状が出ても仕方がないのです。しかし、それらの症状の中には、術後の身体の異常を知らせてくれているものもあるため、見逃さないようにしなければなりませ...

≫続きを読む

中絶と着床出血

着床出血とは女性は生理の度に出血をしますが、出血する場合は生理だけではありません。着床出血によって出血することもあります。生理は妊娠をしていないことを確認することができるものですが、着床出血は妊娠していることを確認することができるものです。とはいえ同じ出血なのできちんと見極めることが大切です。一般的...

≫続きを読む

中絶手術と輸血

中絶は短時間で終わる中絶は子どもの命を殺す手術です。しかし、その手術内容の重さとは裏腹に、手術自体は非常に短時間で終わります。ほんの数十分です。そのため、中絶手術は非常に簡単なものだと思われがちで、妊娠をしても中絶すればいいと考えている人も少なからずいます。しかし、中絶はそれほど簡単なわけではありま...

≫続きを読む

中絶の要件・条件

中絶は誰でも受けられるわけではない中絶は望まない妊娠をした人にとっての最後の手段になります。望まない妊娠をしてしまった女性を救うために、日本では中絶が合法化されました。しかし、どのような理由があっても中絶は自分の子どもを殺すことです。そのため、中絶を受けるためには法律で定められた要件を満たす必要があ...

≫続きを読む

スポンサーリンク