中絶か養子縁組かの選択

中絶か養子縁組かの選択

中絶か養子縁組かの選択

中絶を行う理由

日本では中絶が非常に多く行われています。しかし、法律では中絶を行う上での条件が定められています。それにも関わらず、なぜ中絶は多いのでしょうか。
中絶を行う人の年齢層は、若い人たちが多いです。そして、中絶を行うことができる条件には、経済的に出産が難しい場合という条件があります。つまり、若い人たちは出産をしても育てることができないという理由で、簡単に中絶を行うことができるのです。

 

これが、日本で中絶が多い原因です。

 

養子縁組という選択

中絶は否定的な意見が多いものです。妊娠が確定した時から、お腹に命が宿っています。中絶を行うことで、その命を殺すことになります。そのため、中絶は殺人と同じだという意見も出てくるのです。

 

そんな否定的な意見が多い中絶が多いことに対しての打開策として、養子縁組という意見が出ています。

 

養子縁組とは、自分の子どもを養子として、別の家族に引き取ってもらうものです。子どもを産みたくても産めない家庭などでは、養子をとる場合もあります。
経済的に育てることができなくても、養子に出すことで命が失われずに済むのではないかと言われているのです。

 

今後の可能性として

中絶の代わりに養子縁組という選択もあるものの、これには問題点もあります。養子をとる家庭は一定数ありますが、それほど多くはありません。しかし、それに対して中絶の件数が非常に多いのです。

 

そのため、養子に出すつもりでも、貰い手がいないという状態になりかねないのです。そうなってしまっては、産まれてくる子どもが不幸になってしまいます。

 

しかし、中絶の代わりに養子に出すという選択も今後は広まってくべき考え方なのではないかと思います。

スポンサーリンク