中絶と学校

中絶と学校

中絶と学校

学生で中絶をした場合

学生のうちに中絶をするというと非常に衝撃的に感じます。しかし、学生で中絶をすることはなにも珍しいことではありません。それどころか、中絶の主な原因は学生で妊娠をしてしまい、経済的に子どもを育てることができないというものが多いのです。

 

しかし、学生は学校に通うもの。その期間に中絶をする場合、学校はどのように関与してくるのでしょうか。

 

学校を退学になるのか

最も気になるのが、退学に関することだと思います。学校によっても違うのかもしれませんが、学校に中絶が知られた場合は高い確率で退学になるでしょう。

 

しかし、中絶は親やパートナーの許可は必要になりますが、学校の許可は必要ありません。そのため、友達などに話さない限りは学校に知られるということもないでしょう。

 

また、中絶の施術自体は数十分ほどで終わります。なので、早ければその日に登校できるため、少し遅刻する程度で施術を受けられることになります。

 

中絶をしないで済むように

余程のことがない限りは、中絶したことは学校には知られません。また、ほとんど休むことなく施術を受けることもできます。

 

しかし、中絶自体も身体に負担がかかるものですし、自分の子どもを殺すものなので、いざ施術を受けると精神的にも負担がかかります。長い人であれば1か月以上、学校に行けないということもあります。

 

そのため、中絶をした場合には、無理をせずに学校を休むようにしましょう。

 

また、中絶は心身ともに負担が大きいものです。学生のうちに、そんな辛い思いをする必要もありません。ですので、まずは中絶をしないで済むように、きちんと避妊をするようにしましょう。

 

それが、自分にとっても、自分の子どもにとっても一番良い方法です。

スポンサーリンク