江戸時代の中絶

江戸時代の中絶

江戸時代の中絶

現代における中絶

日本は中絶大国と呼ばれているほど、中絶が多く行われています。中絶は自然と産まれてくるはずの子どもを早い段階で無理矢理排出されるため、身体への負担が大きくなります。また、中絶は医学的な行為ではあるものの、自分の子どもを殺すという行為でもあるため、精神的にも負担は大きいでしょう。

 

しかし、現代の医学は非常に発達しており、中絶もかなり楽になったのです。

 

中絶は江戸時代でも行われていた

日本での中絶は江戸時代でも行われていました。江戸時代から避妊具のようなものは存在していましたが、現代のものから比べると避妊できる確率は非常に低く、それに伴って中絶をする人も多くいました。

 

しかし、避妊具の避妊率が非常に低い江戸時代。もちろん医学も現代に比べれば発達していないので、中絶の施術方法もかなり不安要素が多いものでした。

 

そんな江戸時代の中絶方法を知ると、現代の医学の発達には感謝せざるを得ないですし、中絶をしないようにしようという気持ちも芽生えるかもしれません。

 

江戸時代の中絶方法

江戸時代の中絶方法にはどのようなものがあったのでしょうか。

 

まず、高確率で中絶を成功させる方法に薬を使ったものがあります。しかし、この薬は人体に有毒な薬であり、母体にも影響を及ぼしました。しかし、その毒性と引き換えに、高い成功率を出していたのです。

 

また、冷たい水に浸かる方法や、現代の方法と似た、子宮の内容物を掻き出す方法などがとられていました。

 

さらに、現代では絶対に許されない方法も使われていました。それが、一度子どもを産んでから殺すという方法です。江戸時代ではそれほど罪悪感のある行為ではなかったようです。

 

江戸時代の中絶はかなり衝撃的なものばかりだったのです。

スポンサーリンク