母子家庭と中絶

母子家庭と中絶

母子家庭と中絶

母子家庭で中絶をする

中絶を行うのは学生が多いです。その理由は、経済的に産むことが難しいからです。しかし、母子家庭の場合も同様の理由で中絶を行う人が多くいます。

 

母子家庭であれば、新たに生まれてくる子どもまで育てることができない場合があります。このようなことが内容に避妊をすべきだとは思いますが、中絶の必要がでてしまったのであれば仕方ありません。

 

母子家庭の場合、通常の中絶とは状況が違いますが、中絶することによる問題点はあるのでしょうか。

 

貰っている手当はどうなるのか

母子家庭の場合、多くの人が手当をもらっています。やはり女性一人で子どもを育てることは、経済的に負担が大きいため、それを補うために手当が支給されるのです。

 

しかし、中絶を行うということはパートナーがいるということになります。そうなると手当の支給は停止してしまうのでしょうか。

 

パートナーがいる状態で妊娠をした場合には手当の支給が停止します。基本的にはパートナーから金銭的に援助してもらっている状態であれば支給が停止するのですが、たとえ援助してもらっていても、援助してもらっていないことにすれば手当をもらい続けることができます。このような不正を防ぐために、パートナーがいる段階で、手当の支給は停止します。

 

中絶に費用は援助されない

また、母子家庭の場合、中絶を行うために必要な費用が出せない場合もあります。出産する場合には、健康保険から費用が支給されます。これは産後に返済をしなければなりません。

 

それに対し、中絶の場合は費用が支給されません。中絶は出産に比べてマイナスのイメージが強いからか、援助されることがないのです。

 

しかし、中絶も妊娠12週目以降の薬による中絶の場合は死産扱いとなり、出産祝い金がもらえるため、そこから支払うという例もあります。

スポンサーリンク