中絶を減らすためにはどうすればよいのか

中絶を減らすためにはどうすればよいのか

中絶を減らすためにはどうすればよいのか

中絶が多い日本

妊娠をしても出産することが難しい場合、中絶という手段がとられます。中絶は世界中で行われていますが、世界的に見ても日本の中絶の件数は多くなっています。

 

中絶は自分の子どもを殺す行為です。そのため、世間的には批判的な意見が多くあります。しかし、日本では中絶の件数が多い。これには、日本における中絶に対しての決まりが深く関係しており、日本を中絶が多い国にしてしまったのです。

 

中絶をする理由

日本で中絶を行う人の多くが経済的な理由で行います。特に学生は収入がないため、出産をしても育てることができません。そこで中絶という手段をとるのです。

 

日本において中絶を行うには条件があります。しかし、その条件は経済的に出産が難しい場合というものがあるのです。

 

つまり、経済的な理由を使えばだれでも中絶できる環境にあるということです。このように簡単に中絶ができるため、妊娠をしても中絶すればよいという考えをもった学生が増えてしまい、中絶の件数も増えているのです。

 

中絶を減らすには

中絶は必要な場合もありますが、経済的な理由で行われる中絶は極力減らすべきです。まず、中絶を減らすには、学生のうちから避妊の仕方などをしっかりと教えることが大切です。間違った知識を持ったままでは、一向に中絶は減りません。

 

また、中絶はたとえ簡単に行うことができたとしても、一つの命を殺す行為だということを知らせるべきです。中絶は妊娠初期のころに行えば、胎児がとても小さい状態で取り出せます。そのため、命が宿っているとは考えられない場合もあるのです。

 

そして、中絶は一つの手術であるため、身体への負担や後遺症が発症する可能性もあり得ます。このような部分もきちんと知らせておくことが、中絶を減らすことにつながるのではないでしょうか。