中絶が合法となる国

中絶が合法となる国

中絶が合法となる国

中絶は合法か違法か

中絶は日本を始め世界中で行われています。しかし、中絶は胎内の子どもを殺す行為であるとして、法律で禁止されている国も多くあります。しかし、様々な理由で中絶は行われており、最終的には中絶を行うしかないという人も少なからずいます。

 

しかし、法律で禁止されているため行えない。そのため、世界で行われている中絶の約半数は非合法に行われているのです。非合法ということは、表立って行えないということなので、衛生的にもよくない環境で中絶が行われることも多々あります。

 

しかし、中絶を必要としている人にとっては辛い現実です。そこで、中絶を合法化しようという動きもあります。

 

日本での中絶

日本では昭和の段階で中絶が合法化されました。第二次世界大戦の時期に、多くの女性が外国人からの暴行によって妊娠をしてしまう事件が多発しました。そのような女性を救うために中絶が合法化されたのです。

 

ですが、中絶を行うには、最低限の条件を満たしておかなければなりません。とはいえ、この条件はそれほど厳しいものではないので、ほぼ誰でも行うことができる状態であり、日本の中絶件数は非常に多くなっています。

 

ウルグアイで中絶が合法化

中絶を禁止している国は宗教的な考えから禁止していることが多くあります。中でもカトリック教徒では、中絶に否定的な意見を持っています。

 

そんなカトリック教徒が多い南米の国であるウルグアイでは、中絶は禁止されていましたが、法律が改正されて、中絶は合法化されました。

 

日本と同様に条件付きではありますが、望まない妊娠をする女性が、きちんと衛生的な環境で中絶を行えることで、非常に多くの女性が救われるのではないかと思います。