中絶する際の同意書の代筆

中絶する際の同意書の代筆

中絶する際の同意書の代筆

中絶は一人では決められない

中絶は誰でも簡単に行うことができると思われがちです。実際に条件さえそろえば中絶を行うことができます。それほど簡単に行ってよいものではありませんが、現在ではそのようになっています。

 

しかし、中絶ができる条件には、パートナーである人の同意が必要となっています。お腹の子どもはパートナーの子どもでもあるため、一人で決めるということはできないのです。

 

中絶とはそれほど重たいものです。きちんと二人で話し合いましょう。

 

同意書の代筆は可能か

中絶を行う場合にはパートナーの同意が必要ですが、病院ではそれを証明するための同意書が必要です。同意書には自分自身とパートナーの名前を記載する欄が設けられており、記入して初めて中絶ができるのです。

 

しかし、人によっては、同意はするものの同意書に記名をすることを拒否する人もいます。そのような場合は同意書の代筆は可能なのでしょうか。

 

同意書の代筆は基本的には不可です。それでは同意書の役目を果たさないからです。しかし、実際は誰かに代筆をしてもらっても中絶を行うことはできます。
しかし、いざ中絶をした場合にパートナーが同意していないと言い出すと問題になってしまいます。きちんと同意書は書いてもらいましょう。

 

パートナーが分からない場合

ではパートナーが分からない場合や、パートナーと連絡がつかない場合はどうでしょう。

 

そのような場合は本人の同意のみで中絶を受けることが可能となっています。これも特に確認されることはないため、パートナーが分かっていても分からないと言えば中絶できることになります。このような部分で中絶の件数が多くなってしまうのです。

 

このような場合でも、後々パートナーが表れて問題になるという事例もあります。中絶をする際には、このような問題にも注意しておきましょう。

スポンサーリンク