中絶出来ない理由

中絶出来ない理由

中絶出来ない理由

中絶は必ずできるものではない

妊娠をした場合、病気などでやむを得ず中絶を行う場合も出てくるかもしれません。これは本来の中絶のあり方です。

 

しかし、最近では妊娠したら中絶をすればいいという考えで避妊をしないという人もすくなからずいます。

 

ですが、中絶は必ずしもできるものではないということを知っておいてください。

 

22週目以降は不可能

まず、中絶は妊娠22週目までしか行えないと決められており、それ以降は出産するしかありません。22週目以降になると胎児が大きくなりすぎているからです。

 

胎児が育ち過ぎた状態での中絶は身体にも大きなダメージを与えることになりますし、なにより、十分赤ちゃんになっているため、中絶をするべきではないのです。

 

中絶はどのタイミングで行っても、赤ちゃんの命を殺すものですが、22週目以降はしっかりと人の形をしているため、中絶を行っていいとは言えないでしょう。

 

その他の理由

妊娠22週目以降は中絶ができませんが、22週目までなら確実に中絶できるかといわれるとそうではありません。

 

まず、妊娠12週目以降になると薬で死産にする方法がとられますが、12週目以降は中絶を受けてくれない病院があります。中絶は産婦人科で行われますが、産婦人科は子どもを産む病院でもあります。そのため、人の形になりつつある胎児を殺したくないという思いから断っている病院もあるのです。

 

また、帝王切開の経験がある人も12週目以降の中絶は断られます。帝王切開の経験がある人が中絶を行うと、子宮が破裂し命にかかわることになる可能性があるからです。

 

さらに、胎盤の位置によっても中絶ができないこともあります。

 

中絶をすればいいと考えている人は、必ず中絶ができるわけではないということを知っておきましょう。