中絶手術と食事

中絶手術と食事

中絶手術と食事

中絶の際の食事の注意点

中絶は日帰りで行うことができますが、一種の手術であるため、様々な制約がでます。手術前、手術後の行動には注意が必要となります。

 

その中でも気になるのが食事でしょう。どのようなものなら食べても良いのか、どのようなものを食べると回復が早くなるのかなどは気になってしまうものです。

 

では、中絶の際の食事に関してみていきましょう。

 

手術前の食事

まず、中絶手術前の食事についてです。中絶手術の前日は7時以降、食べたり飲んだりしてはいけないことになります。病院によっては時間が前後し9時以降などとなっている所もありますが、いずれにしてもあまり遅い時間まで食事を続けない方がよいでしょう。

 

もちろん当日の朝も食事はできませんので、空腹には耐え続けなければなりません。

 

食べることができる時間は制限されているものの、食べるものについては制限されていません。

 

手術後の食事

手術前の食事よりも気になるのが手術後の食事です。

 

しかし、中絶手術の場合、手術後の食事制限はありません。麻酔がとけて帰宅することができるようになれば、なんでも食べることができます。とはいえ、辛いものや熱いものなど、刺激が強いものは避けておいた方が良いでしょう。体調の変化を見ながら、徐々に食べるようにしていきましょう。

 

また、タバコやアルコールもしばらくは避けるようにしましょう。タバコやアルコールを摂取すると、手術後の出血が止まりにくくなります。出血が長期間続いてしまうということにもなりかねませんので、こちらはしっかりと注意しておくことが必要になります。

 

手術後は、まず自分の身体を回復することを優先させて、余計なものは摂取しないようにすることが大切です。

スポンサーリンク