中絶の要件・条件

中絶の要件・条件

中絶の要件・条件

中絶は誰でも受けられるわけではない

中絶は望まない妊娠をした人にとっての最後の手段になります。望まない妊娠をしてしまった女性を救うために、日本では中絶が合法化されました。

 

しかし、どのような理由があっても中絶は自分の子どもを殺すことです。そのため、中絶を受けるためには法律で定められた要件を満たす必要があります。つまり、誰でも受けられるというわけではありません。

 

中絶に関する決まり

中絶の要件に関しては母体保護法で定められています。望まない妊娠から母体を保護するために中絶が行われるため、母体保護法によって定められています。

 

中絶を受けるための条件は、子どもを産むことが経済的、身体的に難しい場合です。これはつまり、学生などで子どもを産んでも育てていく資金がない場合、病気などで妊娠を続けることや出産を行うことで母体に危険が及ぶ場合ということです。また、暴力などで妊娠をしてしまった場合にも認められます。

 

さらに、妊娠22週目を過ぎると中絶はできません。

 

そして要件は患者側だけでなく病院側にもあり、医師会が指定した病院でなければ中絶を行うことができず、それ以外の病院が行えば堕胎罪に問われることになります。

 

日本で中絶が多い理由

日本での中絶には上記の様に要件があり、誰でも中絶を受けられるわけではありません。しかし、実際は誰でも受けることができる状態であり、これが日本で中絶が多い原因を作り上げています。

 

病気が理由の中絶は暴力が理由の中絶は仕方ありません。むしろ女性に出産を強要してはいけないことです。

 

しかし、それ以外の理由はたいてい経済的な理由にあてはめられます。そのため、ほぼ条件なしで受けることができるのです。

 

経済的に出産が難しい状態で子どもを産むことは、子どもを不幸にしてしまう恐れもありますが、やはり要件を厳しくするべきだという考えもあります。

スポンサーリンク