中絶直後の妊娠

中絶直後の妊娠

中絶直後の妊娠

中絶すると妊娠しにくくなる

中絶することで妊娠しやすくなるという意見と、妊娠しにくくなるという意見の二つがあります。しかし、中絶は子宮に負担をかけるものなので、妊娠しにくくなると考えられます。また、中絶を複数回行うことで子宮内膜が薄くなり妊娠しにくくなることもありますし、中絶によって感染症にかかり、それが原因で妊娠しにくくなることもあります。

 

一度の中絶であれば、通常と比べて若干妊娠しにくくなったと言える程度に抑えることができます。

 

中絶直後は妊娠しやすい

中絶後は若干ではあるものの妊娠しにくくなります。しかし、中絶直後であれば妊娠しやすくなっていることが考えられます。

 

理由として考えられるものは様々あり、中絶によって妊娠を中断したため、子宮が妊娠の状態に戻ろうとしているというものや、中絶によるホルモンの乱れから妊娠しやすくなるというものがあります。

 

いずれにしても、中絶直後に妊娠をしてしまったという人は多くいます。

 

中絶について真剣に考えるべき

中絶は様々な理由で行われます。胎内で胎児が死んでしまうなど、やむを得ない理由で中絶をしたという人もいます。しかし、経済的な理由などで中絶をした人が圧倒的に多いのです。

 

経済的な理由で中絶をした直後にまた妊娠をしたという人は、中絶について真剣に考えるべきだと思います。中絶は胎内にある命を殺す手術です。自分の子どもを殺すことになるのです。また、中絶は身体に大きな負担をかけることになりますし、前述したとおり感染症などによって妊娠しにくくなることもあります。
中絶は多くても1度に抑えるべきですし、直後に妊娠をしたのであれば、次は産んであげるべきなのではないでしょうか。

スポンサーリンク