中絶手術後の車の運転

中絶手術後の車の運転

中絶手術後の車の運転

中絶後に運転は禁止?

中絶を行う場合、事前に注意事項などを医師から伝えられることがあります。手術当日には様々なことに気をつけなければならないため、多くのことを伝えられます。その中で、手術当日には車の運転をしないように言われることがあります。しかし、しっかりとした理由が伝えられない場合が多いため、なぜ運転をしてはいけないのかを知らない人も多くいます。

 

では、中絶手術当日はなぜ運転をしてはいけないのでしょうか。

 

麻酔が非常に危険

中絶手術当日に運転をしてはいけない理由は麻酔です。中絶は身体に大きな負担をかけてしまうため、運転を避けた方が良いという理由もありますが、主な理由は麻酔を使うからなのです。

 

中絶手術は、強い痛みを伴います。そのため、全身麻酔を使い、手術中は眠った状態になります。そして手術が終わるころには目が覚めますが、麻酔が身体から消え去るのにはかなり時間がかかります。

 

麻酔が体内に残っていると、普段とは違う感覚になってしまい、ふらつくことがあります。そのため、車を運転することは非常に危険なのです。

 

中絶手術は誰かに付き添ってもらう

中絶手術当日は車の運転をしない方が良いため、誰かに送迎をしてもらうことが理想的です。パートナーでも良いですし、友達でも良いです。最も信頼できそうな両親でも良いでしょう。

 

ですが、中絶手術を受けることを誰にも知られたくないという人も少なからずいるものです。そういった人は、公共交通機関を使えば比較的安全ではありますが、歩行している最中にふらついてしまい事故に遭うことも考えられます。

 

このような事態を避けるためにも、一人でもよいので信頼できる人を探し、付き添ってもらうようにしましょう。

スポンサーリンク