中絶手術後の腰痛

中絶手術後の腰痛

中絶手術後の腰痛

中絶後に腰が痛くなる

中絶後には様々な症状が出ます。中絶は人間の身体が生理的に行うべきことを無理矢理行うものなので、術後に症状が出ることは仕方ないことです。

 

そんな術後の症状で多いのが腰痛です。これは中絶手術を受けた女性の多くが経験しています。

 

しかし、この腰痛はどのような原因で発生しているものなのでしょうか。

 

腰痛は自然なこと

中絶手術後に発生する腰痛はごく自然なことなのです。中絶は子宮内に器具を挿入して行います。その時、器具を動かすため、子宮は押し広げられて形が変わります。

 

中絶手術後に感じる腰痛は、中絶で押し広げられた子宮が元に戻ろうとしているために発生します。

 

また、中絶後は出血をしますが、子宮が元に戻ることで出血がなくなっていきます。つまり痛みを感じることで出血が亡くなるということであり、腰痛は必要なものだとも言えます。そのため、中絶手術後には、子宮を収縮させる薬も処方されます。

 

感染症の場合も

中絶後の腰痛は自然なことではあるものの、場合によっては感染症が原因となっていることも考えられます。子宮の収縮で感じる痛みは個人差がありますが、1か月もすればなくなるはずです。しかし、感染症による痛みは長く続きます。

 

子宮に器具を挿入した際、器具に細菌がついていると子宮内にも細菌が感染します。そして繁殖していくため、感染症になるのです。

 

多くは子宮口付近で感染症が起きることがあり、これが腰痛につながります。

 

きちんとした病院では、衛生面には気を配られていますし、手術後には抗生物質が処方されます。これを服用しておけば感染症は避けられますが、万が一長く続く腰痛などを感じた場合には病院へ行ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク