中絶手術後の体重の変化

中絶手術後の体重の変化

中絶手術後の体重の変化

中絶後に体重が変化する

中絶後は身体に様々な変化が出ますが、体重に変化が出る人も多くいます。中絶後の場合は体重が減ることよりも増加することの方が多くあります。これは女性にとって非常にきになるものです。

 

では、中絶後に起きる体重の変化はどのようにして起きるのでしょうか。この原因を知っておけば、改善しやすくなるかもしれません。

 

体重が変化する原因

中絶後に体重が増加する場合には、身体的な原因と精神的な原因があります。中絶は身体的にも精神的にも負担をかけるため、体重の変化も起こしてしまうのです。

 

まず身体的な原因としては、中絶によってホルモンのバランスが崩れることが挙げられます。妊娠や生理など子宮にかかわることにはホルモンも関係します。そのため、中絶を行うことでもホルモンに影響を及ぼします。

 

また、精神的な原因としては、中絶を行うことで自分の子どもを殺してしまったという罪悪感やストレスから、暴飲暴食をしてしまうことがあります。この場合は、食欲不振で体重が減るという人もいます。

 

改善するには

改善するには、まず程よい運動を行うことが大切です。中絶手術後は安静にしておくように病院では言われます。その状態で暴飲暴食などをしてしまうと体重は増加してしまいますよね。

 

安静にしておくことは大切なことですが、1日横になっておくなど極端に安静にする必要はありません。日常生活を行うくらいの運動は行っても大丈夫なので、軽く体を動かしましょう。そして、運動ができるようになったら、しっかりと体を動かしましょう。

 

また、精神的な部分は気の持ち方で改善するしかありません。あまり考えすぎないようにしたり、他の楽しいことを考えたりしましょう。

 

難しいことだとは思いますが、自分の気持ちからくる変化は、自分の気持ちでしか変えることができません。

スポンサーリンク