中絶後の霊障

中絶後の霊障

中絶後の霊障

霊障とはどのようなものか

風邪をひくなどすると身体がだるくなることがあります。しかし、薬を飲んでも治らない場合、他の病気を疑う人もいるかもしれませんが、霊障である場合も考えられます。

 

霊障とは、先祖などの供養がきちんとできていないことで、体に影響が出たり、不思議な体験をしたりすることです。

 

この霊障は、特に中絶した場合に起きやすいようです。

 

中絶をした場合の霊障

水子という言葉を聞いたことがあるでしょうか。この水子とは中絶した赤ちゃんを指しています。中絶をすることは自分の子どもを殺すことなので、水子による霊障が起きやすいのです。

 

霊なんて信じないという人もいると思います。もちろん信じるか信じないかは人それぞれですが、実際に中絶した人で霊障が起きている人が多くいるため、なにかしらの関連性があるのだと考えられます。

 

また、霊障を放っておくことはあまり良いことではありませんので、早めに対処するべきでしょう。

 

きちんと供養をしてあげるべき

中絶後の水子による霊障を避けるためにも、きちんと供養をしてあげるべきだと思います。人間は亡くなるとお葬式を行い供養されます。中絶した赤ちゃんも一つの命であり、いわば一人の人間です。ですので、供養をしてあげるようにしましょう。

 

水子の供養はお寺などで行っています。しかし、お寺によって供養の仕方が違いますし、供養は個人情報にもなりうるため、お寺の選び方にも注意が必要です。

 

供養をすることで、産まれてこられなかった赤ちゃんに対しての懺悔にもなりますし、赤ちゃんも安心することができるでしょう。

 

中絶の理由によっては後ろ向きになってしまう人もいますが、きちんと供養をしてあげることで前を向いて生きていくことができるようになるかもしれません。それほど供養は大切なのです。

スポンサーリンク