中絶と元彼との対応

中絶と元彼との対応

中絶と元彼との対応

男女間のトラブル

男女が交際をしていると様々なトラブルがあります。小さな喧嘩で済むものもあれば、大きな喧嘩に発展してしまい、別れてしまうという場合もあります。

 

しかし、さらに大きなトラブルとなり得るのが、妊娠や中絶に関するトラブルです。特に妊娠を機に別れ、中絶に至ってしまうということも多くありますが、この場合は元彼へどのように対応すればよいのでしょうか。

 

妊娠を機に別れた場合

女性が妊娠をすると男性から別れを切り出され、一人で育てることに不安を持ってしまい中絶をするという場合が多くあります。

 

しかし、この場合でも中絶後に元彼と連絡を取り続け、復縁をするという女性も多くいます。一見平和に収まっているように思えますが、将来的に考えると不安は払拭できていないように感じます。

 

妊娠が発覚したことが理由で別れを切り出している場合、その男性の無責任さが露呈しています。今後も同じことが繰り返されるということも考えられます。
このように考えると、元彼との復縁には注意すべきです。

 

元彼への復讐

妊娠や中絶を経て元彼と復縁する女性がいる一方で、元彼に復讐をしようと考えている女性もいます。

 

先にも述べたように、妊娠を機に別れを切り出す男性は無責任と言えます。その無責任さに怒りを覚える女性もいるのです。

 

この場合、復讐をしたい気持ちはわかりますが、手段によってはさらなるトラブルを生みかねないので、手段は選ぶ必要があります。最も効果的なのが中絶手術の費用や慰謝料を請求することです。中絶手術は全額自己負担になりますし、身体的な負担もかなり大きいものです。それらを考慮したうえで、それに見合ったお金をもらうというのが良いのではないでしょうか。

 

もちろん確実に慰謝料を請求できるわけではありませんが、相手がどのような行動をとったかなどをきちんと記録しておきましょう。

スポンサーリンク