中絶の際、相手に連絡がとれない

中絶の際、相手に連絡がとれない

中絶の際、相手に連絡がとれない

中絶は双方の同意が必要

中絶を行う場合、堕胎する子どもは女性だけの子どもではなく、相手である男性の子どもでもあります。そのため、女性だけで判断して中絶をすると、勝手に男性の子どもを殺したことにもなってしまうため、トラブルに発展してしまいます。

 

そのようなことを防ぐためにも、中絶は双方の同意があって初めて手術可能となります。

 

中絶前に同意書が渡され、双方のサインを記入した状態で病院に提出しなくてはなりません。

 

相手と連絡が取れない

それでは、子どもを認知したくないなどの理由で相手と連絡がとれなくなってしまった場合は、同意書をどのように作成すればいいのでしょうか。

 

このような場合は、まず病院に相談をします。病院によっては相手の同意なしで手術を行ってくれる場合もありますし、トラブルに発展しても病院は責任を負わないという同意書にサインをすることで手術を行えることもあります。

 

しかし、これは病院によって対応が異なるため、とにかく病院に相談をして手術が受けられるのかを確認しましょう。

 

時間があれば連絡を取る

相手と連絡が取れない場合の対応として、別の人に同意書を書いてもらうという方法が挙げられます。しかし、これは有印私文書偽造罪にあたる行為であり、いわゆる違法行為となります。状況によってはやむを得ない場合もあるかもしれませんが、別の人に同意書を書いてもらうことは避けた方が良いでしょう。

 

同意書を別の人に書いてもらって中絶をした場合、中絶した後に相手から連絡があり、同意なしで中絶をしたことに対する慰謝料を請求される可能性もあります。そうなれば、同時に有印私文書偽造罪を犯していることも発覚し、懲役に処されることもあり得ます。

 

なので、同意書を他の人に書いてもらうことはせず、時間が許す限り相手と連絡を取れるように働きかけましょう。

スポンサーリンク