中絶に対する男性の気持ち

中絶に対する男性の気持ち

中絶に対する男性の気持ち

中絶をさせる男性の気持ち

中絶は女性が手術を受けるものです。そのため、男性にとっては女性に中絶をさせたということになります。

 

女性に中絶をさせた場合の男性の気持ちはやはり重いものです。中絶という心身ともに負担を強いられる手術を受けさせるわけですから、罪悪感にさいなまれることになります。また、男性にとっても自分の子どもを殺すことになるため、それに対しての罪悪感もあるでしょう。

 

男性によっては、何度も水子供養に足を運ぶような人もおり、男性にとっても中絶はとても重要なことだということがうかがえます。

 

なにも感じない人も増えている

しかし、近頃では中絶に対して何も感じない人が増えています。これは男性に限らず女性にも言えることです。

 

特に学生など若年層に多く、中絶が簡単に行えることから、妊娠をしたとしても中絶をすればよいという軽い考えを持っているため、何度も同じことを繰り返してしまうのです。このような人は、中絶によって一つの命、自分の子どもの命を殺しているという自覚がないのだと考えられます。

 

苦しみを共有できるかが大切

世の中には様々な人がいます。中絶に対してどのような気持ちを持つかも男性によって様々なのです。

 

しかし、一度中絶を経験した女性は、中絶の苦しみや痛みなどを共有してくれるような男性を見つけるべきです。よく、中絶の苦しみは男性にはわからないと言われます。しかし、男性でも中絶の苦しみを理解し、ずっと心にとどめているような人もいるのです。

 

もし、一度中絶を経験し、パートナーが変わっていないのであれば、中絶についてどのような気持ちを持っているのかを聞いてみてください。

 

軽く考えているようであれば、付き合いを続けることは危険かもしれません。

スポンサーリンク