中絶する決意・決断について

中絶する決意・決断について

中絶する決意・決断について

中絶に対する決意

日本では非常に多くの中絶が行われています。それほど一般化している手術で、簡単に行うことができてしまうものです。

 

しかし、中絶の中身は自分の子どもを殺すことです。将来のある小さな命を終わらせるのです。そのような手術は簡単には行えません。中絶手術を受ける女性の強い決意があって初めて行えるものなのです。

 

とはいえ、重大なことであるため、なかなか決意できないこともあると思います。中絶に迷った場合、どうすればよいのでしょうか。

 

病気が原因の中絶の場合

中絶を受ける人の中には、病気が原因である人もいると思います。赤ちゃんを産みたいと考えていても、母体に危険が及ぶため中絶を勧められるということがあります。

 

このような時は迷わず中絶を選んでください。親の命のために小さな子どもの命を犠牲にすると考える人もいますが、やはり親の命を優先しましょう。

 

中絶された赤ちゃんも、命を懸けて親を守ったのですから、きっと誇りに思っていることです。

 

このように考えると、少しは気が楽になるのではないでしょうか。

 

経済的な理由での中絶の場合

経済的な理由での中絶を考えている場合、悩んでいるのであれば産むことをおすすめします。

 

中絶を前に決意ができず悩んでいるのであれば、おそらく中絶をすることによって後悔をしてしまうことになるでしょう。そうであれば産んであげた方が、赤ちゃんにとっても幸せなことです。

 

また、経済的な不安もあるかもしれませんが、赤ちゃんが産まれることで様々な補助を受けられるようにもなりますし、育児に対しての不安も育児を行っていくうちに次第に慣れてしまうものです。

 

そのような不安よりも、中絶をして後戻りできない後悔に悩まされることの方が、とても苦しいことだと思います。

スポンサーリンク