中絶して良かった事

中絶して良かった事

中絶して良かった事

中絶は悪いこと

中絶は世間的に見ても悪いことだというイメージが強いです。実際に中絶は子どもを殺すこと同然であるため、賛否が分かれるものです。

 

また、中絶手術は受ける女性にとっても、身体的にも精神的にも負担を与えるものであり、術後は感染症などにも注意を払わなければなりません。

 

様々な面からみても、中絶は悪いことだと考える人が多くいても仕方がないのです、

 

中絶を経験した人の声

実際に中絶を経験したことがある女性はどのように考えているのでしょうか。多くの女性が、中絶手術後もずっと罪悪感を抱いています。本当に中絶をして良かったのか、あの時産んでおけばよかったのではないかと。

 

手術後の数日は良かったと思っている人であっても、数日が経てば罪悪感にさいなまれることになります。

 

中絶を受けたほとんどの女性が、中絶を受けて良かった事を感じてはいないのです。これが、中絶が精神的にも負担を与えるという所以です。

 

良かった事を考える

中絶に対して罪悪感を抱くことは、いたって普通のことです。自分の子どもを殺してしまっているのですから、罪悪感を抱かないわけがありません。

 

しかし、いつまでも後ろ向きに考えていても、精神的に病んでしまい良いことはありません。そのため、無理にでも良かった事を考えることも大切です。

 

例えば、あの時もし産んでいたら、うまく育児ができずに子どもを傷つけ、逆に不幸にしてしまっていたかもしれない。そうであれば、中絶をして良かった。このように考えてみましょう。

 

決して中絶を正当化するわけではなく、あくまでも考え方を変えるということです。

 

何よりも大切なのは、一度の中絶を教訓に、二度と同じことを繰り返さないことです。

スポンサーリンク