中絶した人、させた人が許せない場合

中絶した人、させた人が許せない場合

中絶した人、させた人が許せない場合

中絶をするということ

中絶をするということは、非常に重いことであり、手術を受ける本人は悩んだ末に決断をすることになります。しかし、いくら悩んだうえで決断をしたことであっても、世間的には中絶に対して反対意見が多く、中絶は許されないことだと考える人も多くいます。

 

中絶に対しての考えは人それぞれですが、否定的な意見の方が多いというのが現実です。

 

中絶が許せない場合

日本では非常に多くの件数の中絶が行われています。そのため、自分の周りの友達や家族が中絶を行うということや、中絶をさせることも充分に考えられることです。

 

そのような時に中絶をどうしても許せないという場合はどうすればよいのでしょうか。

 

この場合、自分に近い人だからと言って、無理に中絶を許す必要はないと思います。考え方は人それぞれなので、許せないと感情も正しいものです。また、その知り合いとの今後の付き合い方も自分自身で決めるべきです。中絶をした人と関わりたくないと思うのであれば、縁を切っても良いと思います。

 

本人にはきちんと気持ちを伝える

中絶を行った女性は少なくとも心に傷を負っています。自業自得とも言えますが、中絶を受けたことがある女性にしかわからない苦しみがあるのです。

 

そのため、中絶直後に厳しい言葉を投げかけることはやめましょう。さらに傷つけてしまうことになります。

 

ですが、中絶を許すことができないという気持ちはきちんと伝えるべきです。身近な人からこのような気持ちを伝えられれば、二度と中絶を行わなければならないような失敗はしなくなるでしょう。

 

このような人が増えていけば中絶も減っていきます。中絶が少しでも少なくなる世の中にするためにも、中絶を許せないという気持ちはきちんと伝えてあげましょう。

スポンサーリンク