中絶をする女性の気持ち

中絶をする女性の気持ち

中絶をする女性の気持ち

中絶に悩んだときは

今中絶をするか赤ちゃんを産むかの選択を迫られているという人もいるかもしれません。赤ちゃんを産めば、子育てに体力や時間、お金が必要になり、そこを不安に感じている人もいるでしょう。しかし、中絶を受けるとなると、身体の心配も出てくるでしょうし、何より自分の子どもを殺してしまっても良いのかと悩むことだと思います。

 

そんな時は実際に中絶を受けた女性の気持ちに耳を傾けてみましょう。

 

中絶をして良かった?

中絶をした女性は、中絶直後は良かったと感じるようです。短時間の手術で、出産から育児を行うこと。それにかかる時間やお金の心配をしなくてよくなるので、良かったと思うのでしょう。

 

しかし、それは大きな勘違いです。中絶をして良かったと思えるのはほんの数日であり、それから先は後悔や罪悪感ばかりです。

 

中絶は自分の子どもを殺すこと。それはお金にも時間にも代えられないものだということをはっきりと認識させられるのです。

 

後悔や罪悪感が付きまとう

中絶をした直後は良かったと感じる人や、何事も冷静に受け止めることができる人でも、しばらくすると、中絶をして今までお腹にいた赤ちゃんがいないという実感がでてくるため、後悔や罪悪感に悩まされるようになります。

 

本当に中絶をしてよかったのか。産んであげればよかったのではないか。中絶とはそういう手術なのです。

 

しかし、中絶をするのかしないのかは本人が決めることです。ですが、中絶という道を選ぶことで、ずっと苦しめられてしまう覚悟は必要になるでしょう。中絶は決して軽い手術ではありません。しっかりとした決意をもって中絶に臨み、手術後は後悔や罪悪感とうまく付き合っていきましょう。

スポンサーリンク