中絶した人への言葉・声かけ

中絶した人への言葉・声かけ

中絶した人への言葉・声かけ

中絶をした人が周りにいるとき

もし、家族や友達、彼女が中絶をすることになった場合、また中絶をしたことを知った場合、どのような対応をすればよいか迷うと思います。

 

中絶は身体的にも精神的にも負担がかかる手術です。そのため、周りの人からの対応も気になってしまうものです。

 

このように、中絶手術を受けた本人だけでなく、周りの人も対応に気を付けないといけません。では、中絶をした人に対して、どのような言葉を掛ければよいのでしょうか。

 

友達が中絶をした場合

まず、友達が中絶をした場合です。多くの場合は、女性の友達に対して中絶の相談などをするため、女性同士での声かけが主になります。

 

このときは、今回の中絶に対して慰めの言葉を掛け、また次に妊娠した時にしっかりと出産をしてあげようという、前向きな言葉を掛けてあげるようにしましょう。

 

中絶後の精神的な負担は計り知れないものです。ストレス障害と判断されることもあるほどです。そのため、決して中絶を責めるような言葉を掛けないようにしましょう。

 

彼女が中絶をした場合

次に彼女が中絶をした場合です。この場合は男性から女性への声かけになります。

 

男性から言葉を掛ける場合、ほとんどが慰めのような言葉になります。しかし、そのような言葉はあまり意味を成しません。というのも、中絶は女性も男性もショックを抱えてしまうものですが、女性の方が強いショックを抱えます。男性にはわからない苦しみを感じるのです。

 

ですので、もし彼女が中絶をしたという場合は、言葉を掛けてあげるのではなく、一緒にいて、できる限り苦しみを共有してあげるようにしましょう。

 

言葉でなく行動でも、彼女に対しての謝罪の気持ちは表すことができるのです。

スポンサーリンク