中絶と両親への対応

中絶と両親への対応

中絶と両親への対応

中絶をすることを相談する

中絶を受けようと考えている女性は、多くの場合パートナーだけに相談をします。もしくは一人ですべてを抱え込んで、悩んでしまっているという人もいるでしょう。

 

中絶をするということは、非常に話しにくいことです。そのため、悩みを抱え込んでしまいがちになるのです。

 

では、最も近い存在である両親に対しては相談をするべきなのでしょうか。

 

両親には黙っておく

中絶を考えている女性のほとんどは両親に対して相談をしないようです。理由は様々ですが、中絶をすることに対して申し訳ないと考える人や、両親だからこそ話しにくいと考える人が多いからです。

 

未成年が中絶をする場合には両親の同意が必要になるため黙っておくことはできませんが、成人をしている場合は両親に相談をするのか、黙ったまま中絶を行うのかの選択は本人の意思によって決めても良いと思います。

 

しかし、その場合は両親の気持ちもしっかりと考えてあげるべきです。

 

両親にも相談をしておくべき

中絶手術を受ける本人は、両親に対して申し訳なかったり話しにくかったりという理由で黙っていようと考えます。

 

しかし、両親の気持ちは相談をしてほしいというものが多いのです。自分の娘が苦しんでいるのに、それを知らずに助けてあげられないというのは、親にとってとても辛いことなのです。そして、お腹にいる赤ちゃんは孫にあたる存在。そんな存在を知らぬ間に失っているということも非常にショックなものです。

 

両親に相談をしてみれば、多少責められることもあるかもしれませんが、様々なアドバイスや励ましを貰えるはずです。場合によっては、中絶以外の選択肢も見えてくるかもしれません。

 

中絶を考えている人は、両親だけにでも相談をしておくべきです。

スポンサーリンク