中絶手術後の痛み

中絶手術後の痛み

中絶手術後の痛みについて

中絶手術後には、痛みを感じる人が多いといわれています。

 

多くの場合、この痛みは自然と治まっていくものです。子宮が傷ついているから痛みを感じるわけではありません。

 

ただし、稀に感染症や子宮内に妊娠組織が残留していることで痛みが生じることがあります。

 

早めに処置を行なうためにも、痛みの種類を知っておくことが大切です。

 

中絶手術後の痛みの種類

(1)子宮の収縮による痛み

この痛みはほとんどの人が感じる手術後の痛みです。中絶手術のトラブルではありません。

 

中絶手術は子宮内の妊娠組織を掻き出す手術ですから、通常の分娩と同じく、必ず子宮内に妊娠組織が残ります。

 

よって、残った妊娠組織は、手術後に体外へと自然排出していくことになります。

 

子宮の収縮は排出の際に起きる痛みです。

 

微量の出血とともに数週間に渡って、子宮内の残留物が排出されていきます。

 

手術後に処方される子宮収縮剤も収縮の動きを助けるため、子宮は普段よりもさらに活発に収縮します。

 

その結果、生理痛のような痛みを感じることになります。

 

(2)子宮内部に絨毛が残っている

絨毛という胎盤になる前の組織が、子宮内に取り残されていることで痛みが引き起こされる可能性があります。

 

この場合は絨毛をしっかりと取り除く必要があるため、病院での再手術が必要となります。突然、大出血をすることもありますので、必ず早めに受診するよう、心がけましょう。

 

(3)感染症による痛み

中絶手術後に起こる可能性がもっとも高いトラブルです。

 

感染症は、子宮内にできた傷にばい菌が入り込むことによって、引き起こされます。

 

激痛が走り、大出血を伴うことも少なくありません。

 

放っておくと、不妊症などの後遺症が残る可能性もあります。

 

迅速に病院で再検査を受けましょう。

スポンサーリンク