中絶したことを忘れたい場合

中絶したことを忘れたい場合

中絶したことを忘れたい場合

中絶は辛い記憶になる

中絶を行おうと考えている人には注意してもらいたいことがあります。それは中絶は非常に辛い記憶として残ります。

 

中絶を行うことで、身体への負担もありますが、一番大きなものは、自分の子どもを殺してしまったという罪悪感です。これが中絶後の負担で最も大きいものであり、他の外科手術などに比べて辛い手術となる理由です。

 

この中絶の辛い記憶はどのように対処すればよいのでしょうか。

 

中絶を忘れたい場合

中絶を受けた人の中には、中絶に対する罪悪感などの辛い記憶を忘れて解放されたいと願う人も多くいるはずです。それほど辛いものなのです。

 

では、中絶の記憶を忘れたい場合はどうすればよいのでしょうか。

 

最も良い方法と思われるのは、中絶に対するよき理解者を得ることではないでしょうか。中絶は賛否が分かれるものです。そのため、中絶を行ったことに対して責められることも珍しくはありません。そんな中で少しでも励ましてくれ、気持ちを前向きにしてくれる人と出会えば、少しずつ忘れていけるのではないでしょうか。

 

中絶の経験は忘れるべきではない

中絶の辛い記憶を忘れたい、逃げ出したいという気持ちを持つことは分かります。それには理解者を作ってみることが効果的です。

 

しかし、中絶の辛い記憶は忘れるべきではないのではないでしょうか。もちろん、いつまでも罪悪感にさいなまれながら生きていくのは、生活にも支障が出てしまいますし、なかなか先に進むことができなくなってしまいます。

 

ですが、中絶が辛いものであるという記憶、ましてや中絶をしたこと自体を忘れてしまうことは、中絶で失われた赤ちゃんに対しても失礼です。

 

一度経験した中絶をもとに、二度と同じ過ちを繰り返さないという気持ちをもち続け、さらには同じ経験をする人を減らすことにも役立つかもしれません。

 

決して忘れずに、心の中に留めておきましょう。

スポンサーリンク