中絶するかどうか迷っている場合

中絶するかどうか迷っている場合

中絶するかどうか迷っている場合

中絶をするべきか

中絶はとても大きな決断が必要となる手術です。もちろん中には病気が原因で中絶を行わざるを得なくなってしまった人もいるでしょう。そのような人は迷わずに中絶を受けるべきだと思います。それが中絶手術の本来あるべき姿です。

 

では、経済的な理由など個人的な理由で中絶を行う場合に迷っている場合にはどうするべきなのでしょうか。

 

迷っているならしない方が良い

もし、個人的な理由での中絶を悩んでいる場合には、中絶を行わない方が良いのではないかと思います。中絶は、形ははっきりとしていなくても赤ちゃんの命を取り扱う手術です。中絶を行ってしまえば、その赤ちゃんの命はそこで終わり、決して産まれてくることがありません。そのため、中絶を受けると罪悪感にさいなまれることになるのです。

 

迷っているということは中絶をして良いのかを考えているはずです。そのような状態で中絶を行ってしまえば、必ず後悔をすることになってしまいます。それだけは避けるべきです。

 

周りの人にも助けてもらう

中絶をするかを悩んでいる場合、産んだ後のことを不安に感じてもいるのでしょう。もちろん育児は非常に大変なものです。時間やお金、体力を使います。その苦労は計り知れないものです。

 

しかし、周りには育児を経験した両親を始め、育児について相談できる人は多くいるはずです。そのような人たちに相談をすれば、きっと助けてもらえるはずです。

 

もしかすると出産をすることで後悔をするときもあるかもしれません。しかし、その後悔は一時的なものですが、中絶の後悔は一生ついて回ります。

 

中絶に対して悩んでいるということは、中絶に対して少しでもマイナスな気持ちを持っているはずです。そんな時は中絶という道は選ばない方が良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク