中絶に対する偏見

中絶に対する偏見

中絶に対する偏見

中絶は悪い印象を持たれがち

中絶という言葉を聞くと、多くの人は悪い印象を持ちます。中には中絶は絶対に悪だという人もいますし、陰口で中絶のことを持ち出される場面もあります。それほど悪い印象を持たれているものなのです。

 

もちろん中には、中絶に対して理解を持っている人もいますが、そのような人はほんの一握りであり、ほとんどの場合、中絶をしたと言えば非難されてしまいます。そのような状況であるため、中絶についてなかなか相談しにくくなっているのです。

 

偏見の場合もある

中絶が悪い印象を持たれるようになったのは、中絶を行う理由によるものです。最近では経済的な理由による学生の中絶が多くなっています。子どもを産んでも育てるお金がないため中絶をするのです。これに対して、出産できないなら最初から避妊をしろという意見が出てくるようになり、中絶は悪いものという印象が強くなりました。

 

しかし、中絶は経済的な理由で行う人ばかりではありません。病気などで出産できない、妊娠状態を維持できないなどの理由でやむを得ず中絶をする人もいます。もちろんこの場合も子どもを殺すことになります。しかし、これは女性を救うためという中絶の本当の目的が働いている時です。

 

中絶は全てが悪いわけではありません。

 

理由をしっかりと知ってあげる

もし周囲で中絶をしたという人がいれば偏見の目で見るのではなく、まず理由を知ってあげることが大切です。

 

中には、本当は産みたかったにも関わらず、病気で泣く泣く中絶という道を選んだ女性もいるはずです。そんな人に対して、中絶は悪いことだとは言えないはずです。

 

中絶は必ずしも悪いものではなく、中絶によって救われている人がいることも知っておきましょう。

スポンサーリンク