中絶をする理由

中絶をする理由

中絶をする理由について

中絶という選択肢を選ぶ女性は数多くいらっしゃいます。

 

彼女たちはどういった理由で中絶を決意したのでしょうか?

 

今回は中絶をする理由を紹介していきます。

 

中絶をする理由

(1)経済的理由

人工妊娠中絶で、もっとも多い理由が「経済的理由」です。この理由は母体保護法でも認められており、幅広い解釈ができる合法的中絶の条件です。未成年者の中絶も、この中に含まれています。

 

中絶希望者の財政状況を調べるようなことはないため、この理由を挙げれば、未成年・成人を問わず、裕福な人でも中絶することができるようです。

 

しかしながら、「シングルマザーになりたくない」「もっと遊びたい」という軽い気持ちで中絶する人は、滅多にいません。

 

生むかどうか、悩みぬいた結果、中絶という選択を選ぶ人がほとんどです。

 

(2)レイプなどの犯罪被害

レイプなどの犯罪被害によって妊娠してしまった場合、ほぼ100パーセントの女性が中絶を希望します。

 

これも母体保護法によって認められている権利です。経済的理由とは別枠で、犯罪被害による妊娠の中絶は認められています。

 

なお、レイプの定義は本人の意思によって決定づけられます。女性が同意していない性行為はすべてレイプです。別れた彼氏に無理やり強姦された、という場合もレイプに含まれます。

 

警察に訴える必要がありますが、公的機関がレイプと認めた場合は、中絶の補助金も得ることが可能です。

 

(3)健康上の理由

母体の生命が出産によって脅かされる場合も、中絶という選択肢を選ぶ人は多いです。

 

この場合、家族や夫の了解を得られていることが多く、比較的スムーズに中絶を行なうことができるようです。

 

しかし、本人の心に傷が残らないかというと、もちろんそのようなことはありません。

 

どんな理由で中絶しても、中絶手術後には、精神的なケアが必要となります。