不倫による妊娠と中絶

不倫による妊娠と中絶

不倫による妊娠と中絶について

不倫の末に妊娠してしまった場合、中絶するにせよ、出産するにせよ、多かれ少なかれトラブルに発展します。

 

ここでは、どのようなトラブルが起こりやすいのか、また、どんな風にトラブルを解決すべきなのかを紹介していきます。

 

不倫による妊娠と中絶

(1)生むか生まないかの判断

不倫で妊娠した場合、迷いなく出産という選択肢を選ぶことはできません。

 

相手の判断や家庭環境によっては、シングルマザーになってしまう可能性があるからです。

 

浅い考えで出産とという選択を選ぶと、自分だけでなく生まれてくる子どもも不幸にしてしまいます。

 

出産か中絶かの選択は、自分の経済状況や家族との関係、相手の家庭環境を考慮して、慎重に行ないましょう。

 

なお、不倫相手に妊娠の事実を伝える前に、生むか生まないかの意志を固めておく必要があります。

 

相手の意見を聞いてから自分の考えを決めるのはよくありません。不倫相手が言うままに中絶を行なえば、必ず後悔します。

 

必ず、自分の意志で出産・中絶の選択を行なってください。

 

(2)中絶のリミットを知っておく

人工妊娠中絶には期限があります。妊娠から22周以降は法律上で中絶が禁止されているのです。

 

よって、出産・中絶の判断は22週以内に決定する必要があります。

 

不倫関係での妊娠は、話し合いが長引くことも多いため、ギリギリになって中絶しなければいけない場合もあります。

 

どちらの選択肢を選ぶにしても、産婦人科で診療を受けておいたほうが良いでしょう。

 

(3)認知の請求は可能

不倫相手に対して、生まれてくる子どもの認知を求めることは可能です。認知を受けることができれば、子どもの養育費を請求することもできるので、なるべく認知してもらったほうが良いでしょう。

 

ただし、認知を要求した時点で不倫相手の妻に不倫の事実が伝わるため、不倫相手の妻から慰謝料を請求される可能性があります。

 

どんな選択をするにしても、不倫相手とよく話し合って、決定することが重要です。

スポンサーリンク