中絶手術前日の過ごし方

中絶手術前日の過ごし方

中絶手術前日の過ごし方について

中絶手術の前日は前処置を行なうため、強い痛みに悩まされる場合があります。

 

また、緊張や不安から睡眠不足に陥ってしまうこともあります。

 

今回は中絶手術の前日の過ごし方について、説明していきます。

 

中絶手術の前日の過ごし方

(1)中絶手術の前日の処置

中絶手術の前日には前処置を行ないます。初期中絶の場合も、中期中絶の場合も同様で、子宮頚管を広げて妊娠組織を取り出す手術を容易にするための処置です。

 

この処置は膣内に細い棒状のスポンジを挿入するという方法で行なわれます。

 

ゆっくりとはいえども、子宮口や子宮頚管を強制的に広げているため、強い痛みを伴うことが多く、鎮痛剤を処方されることもあります。

 

激しい運動や体を動かす用事は行なわず、自宅で安静にしておきましょう。

 

(2)中絶手術の前日の睡眠と食事

中絶手術の前日には飲食を禁止されます。食事だけでなく飲み物を飲むことも禁止です。夜9時以降の飲食禁止が一般的となっています。これは麻酔に影響するためです。

 

また、手術後は2〜3日間ほど入浴を禁止されるため、お風呂に入っておいたほうがよいでしょう。

 

睡眠に関しては、しっかりと取っておくことが大切ですが、痛みが強く眠れないこともあります。

 

その場合も起きて他の用事を行なうのではなく、ベッドで横になるようにしましょう。目を閉じて体を横たえるだけでも、ある程度、体力を蓄えることができます。

 

(3)中絶手術の前日にやってはいけないこと

初期の中絶手術には全身麻酔が用いられます。薬を飲むことは厳禁です。サプリメントの類も避けておいたほうがよいでしょう。

 

飲酒ももちろん厳禁です。これは中絶手術後にも禁じられます。体調が落ち着くまでの間、一週間ほどは禁酒しましょう。

スポンサーリンク