2回目以降の中絶手術

2回目以降の中絶手術

2回目以降の中絶手術について

二回目以降の中絶手術には、どういったリスクが生じるのでしょうか?

 

今回は、二回目以降の中絶手術のリスクを説明していきます。

 

二回目以降の中絶手術

(1)二回目以降の中絶手術のリスク

中絶手術は回数を重ねるごとに、不妊のリスクが高まっていきます。

 

中絶手術は子宮から妊娠組織を強制的に取り出す手術です。初期中絶の場合であっても、子宮に掛かる負担は大きく、何度も中絶を繰り返すと子宮内膜の厚みが薄くなってしまい、将来、子どもを生みたいと思った時に受精卵が定着しにくくなってしまいます。
他にも子宮内の組織が癒着を起こしてしまったり、卵管に炎症が起こるといったリスクが高くなります。

 

(2)中絶手術の有無を伝えるべき?

過去に中絶手術を経験したことがある人は、出産するにしても中絶するにしても、医師にその事実を伝えたほうがよいでしょう。

 

中絶経験者は早産や中絶手術後のトラブルが起こりやすくなります。

 

一回目の中絶手術だからといって、診察や手術に手を抜く医師はいませんが、過去に中絶手術を受けていると伝えることで、より丁寧に診察してもらえるでしょう。

 

(3)短期間で中絶を繰り返す

中絶後には生理がいつ来るかわかりません。

 

このことが原因で、中絶後にすぐ妊娠してしまい、また中絶手術を繰り返さなければいけない場合があります。

 

中絶後は生理が来るまでの間、避妊を徹底するか、性行為を控えたほうがよいでしょう。

 

(4)中絶手術は何回まで可能?

中絶手術は何回でも可能です。ただし、回数を重ねるごとに不妊の可能性がアップしていきます。

 

何より、中絶を何度も繰り返すということは、お腹に宿った胎児の命を何度も奪っているということです。

 

出産を希望しない時は、必ず避妊してください。中絶という選択肢は、自分の体を傷つける最終手段であると覚えておきましょう。