中絶費用の支援金(助成金/補助金/一時金)

中絶費用の支援金(助成金/補助金/一時金)

中絶費用の支援金(助成金/補助金/一時金)について

中絶費用は即座に捻出できる金額ではありません。

 

初期中絶であっても、10万円以上の費用がかかってしまいます。

 

これは中絶手術が保険適用外であるためです。

 

しかし、国の援助をまったく受けられないかというと、そうではありません。

 

今回は国から受けられる中絶費用の支援金について、説明していきます。

 

中絶費用の支援金

(1)助成金

中絶手術に助成金はありません。ただし、妊娠85日以降の中期中絶の場合、出産一時金を中絶費用にあてることができます。

 

支給額は1児に対して42万円となっており、これは中絶費用をほぼ全額、賄うことができる金額です。

 

ただし、産科医療補償制度に加入している医療機関で、手術を行なうことが条件となります。産科医療補償制度に加入していない病院で手術を行なうと、支給額が39万円に下がってしまうので、注意が必要です。

 

(2)一時金/補助金

出産一時金と同様の制度です。健康保険に加入している全ての国民に支給されます。

 

しかし、一つ注意しておかなければならないのは、あくまでも出産のための助成金であるという点です。

 

経済的な理由で中絶を行なった場合、出産一時金を受け取ることはできません。

 

また、妊娠85日以降であるという点も条件となります。

 

(3)出産一時金を受け取る方法

出産一時金を中絶費用にあてる場合、クリニックへ被保険者証を提示して、直接支払制度の利用に合意する文書に必要事項を記入する必要があります。

 

もしも、出産一時金の金額を下回った場合、差額を受給することも可能ですので、忘れずに手続きを行ないましょう。

 

なお、過去に遡って申請することも可能です。その場合、「健康保険出産育児一時金支給申請書」「「病院から交付される直接支払制度に係る代理契約に関する文書の写し」「中絶費用の領収書・明細書の写し」「の三つが必要となります。

スポンサーリンク