日本の中絶件数

日本の中絶件数

日本の中絶件数

日本の中絶は

日本では中絶の実施件数は年々減ってきています。数年前は25万件を超えていたものの20万件程度となっています。しかしこれを少ないとみるのは間違っているでしょう。事実、中絶自体禁止されている国さえ存在するからです。日本は世界的にみても中絶件数は多いのです。

 

どうして多いのか

どうして日本は中絶が多いのでしょうか。それは、女性の性に関する意識が薄いことがひとつあげられるでしょう。海外では女性が避妊の意味でピルを服用するのは珍しくありません、しかし日本でピルを服用している人はすくなく、男性側にコンドームを使ってもらうという人が多いです。しかし、避妊を男性側に委ねることでそれが失敗したときに中絶という悲しい結果になってしまうのです。

 

どうして日本でピルは広まらないのでしょう。それはまずピルをもらうのに、病院に行かなければならないからでしょう。産婦人科というのは妊娠した人が行くものと考えられており、行くのをためらう人は少なくないです。さらに副作用を気にする人も多いことが理由の一つです。

 

たしかにコンドームは妊娠の可能性をぐっと低くしてくれます。しかし妊娠を望まない相手とのセックスにはピルとの併用も大切です。

 

中絶を選択する理由

もしも望んでいたわけではなくても妊娠したら、産んで育てるという人も多いのではないでしょうか。中絶を選んだ人の理由として男性側の意見は「結婚前の妊娠だから」「経済的理由から」というのが多く女性は「職業上の理由から」「健康上の理由から」という意見も多く見られました。

 

避妊をしているかに関しては「はい」と答える人が多い一方で、「妊娠しやすい時期などの理解」については不確実な人が多かったのです。

 

日本はよく海外から性教育が進んでいないという指摘をされます。若い頃からもっと制について学ぶ機会が必要なのかもしれません。