中絶と流産の関係

中絶と流産の関係

中絶と流産の関係

中絶すると流産しやすくなるのか

中絶を経験した人がいざ子供が出来、産み育てたいと考えたときに真っ先に浮かぶのが流産のことでしょう。中絶をした人は流産しやすいのでしょうか。もしも中絶をしたことがあっても、その時に正しい処置を受けていれば次の妊娠に影響を与えることはないようです。

 

しかし何度も繰り返している人は別です。それだけ子宮に負担を与えていますから、普通の人よりも注意しておかなければなりません。ちょっとした変化にも気づけるようにしておきましょうね。

 

中絶は経験した人からすれば隠したい過去でしょう。しかし、きちんと医師に中絶のことを話しておかないといざなにかあった時に大変なことになってしまいます。おなかの赤ちゃんを第一に考えるのであればしっかりと話してお産に望みましょう。病院の先生はこれまで色々な妊婦さんを見ていますから、安心してください。

 

中絶が不妊の原因になることは

中絶と流産に関係はないことがわかりましたが、では不妊の原因になることはあるのでしょうか。これは一概には言えません。しかし、中絶をしたから妊娠できないということは絶対にないので安心してくださいね。

 

中絶をきっかけに身体の変化を感じる人は多く、妊娠しやすくなったと感じる人、妊娠しにくくなったと感じる人、それは人それぞれです。妊娠しにくくなった人の理由としてまた、術後安静にしていなかったことや、きちんとした処置を受けていないことなどもあり、子宮に傷が残ったりして不妊になっている人もいるのです。

 

中絶を経験した人でも、将来結婚し、自分の子供が欲しいと思う時期はきます。そんなときに中絶が理由でさらに悲しい出来事を繰り返してしまうのは避けたいですよね。中絶をする時は、信頼できる病院を探すことも自分の将来に必要なことなのです。

スポンサーリンク