同意書なしの中絶は問題になるか

同意書なしの中絶は問題になるか

同意書なしの中絶は問題になるか

同意書がなくても中絶は出来るのか

同意書はどこの病院でも中絶の際に義務づけているもので、本人とパートナーのサインが必要になります。また未成年の場合は親の同意書も加えて必要になることがほとんどです。それではなんらかの理由で同意書なしの場合、どうすればよいのでしょう。

 

パートナーの同意が得られないことがあります。例えば、パートナーが亡くなってしまった場合、妊娠が分かってから連絡がつかなくなったなどです。そんな時は、パートナーの同意がなくても中絶を受けることができます。さらにレイプなどで不幸にも妊娠してしまった場合ももちろん可能です。同意書は必要なものですがこのようなケースはどうしようもありません。

 

パートナー同意がないと同意書は受け取ってもらえないものだと悩んでいるうちにどんどん時間はたち、初期ではまだ負担の少なかった中絶費用が膨らんでしまったり、中絶できる時期を超えてしまうことさえあります。一人で悩まずになんでも困ったらすぐに相談をしましょう。

 

同意のサインの偽造

パートナーが同意書にサインをしてくれないから、もしくはパートナーに妊娠を隠したいからと同意のサインを他人に記入してもらう人がたまにいます。病院側もそこまで相手を詳しく調べるわけではないので、同意書にサインがしてあれば、中絶手術を行うのが一般的です。

 

しかし、このように偽造の同意書作成をもちかけられても、断るべきです。なぜなら後々トラブルにまきこまれかねません。場合によっては弁護士を立てられ、同意のサインを書いた人が悪いとさえ言われてしまうこともあるので覚えておきましょう。

 

中絶は一人で抱え込むものではありません。もちろん相手の所在が分かっているのであればしっかり話し合うことが何より大切ですが、もしも理由があって同意書が提出できなくても、法律できちんと逃げ道が確保されているので安心してください。