偽名を使った中絶の同意書の問題点

偽名を使った中絶の同意書の問題点

偽名を使った中絶の同意書の問題点

同意書に偽名を使った場合

中絶の同意書に偽名を使っても中絶を受けることはできるのでしょうか。手術を受ける本人は本人確認書などが必要になり不可能ですが、パートナー側が偽名を使っても、ほとんどの病院で、受けることが出来てしまうのが現実です。

 

というのも、中絶出来る期間とは決められており、のんびりしていられないので、出来るだけはやく行うのが一般的です。そのためパートナーについて詳しく調べることもありませんし、同意のサインさえあれば同意しているとみなしてしまうからです。本当にだれが父親なのかまで調べることはありません。

 

しかも、中絶の過去は女性にとって知られたくない過去です。中絶を受けてからも秘密保持の決まりが厳しく、よほどのことがない限り、偽名を使った同意書がのちに出回ることはありません。

 

罪に問われることは

同意書の偽造をした女性やそれに関わった人は罪に問われてしまうのでしょうか。もしも、夫の名前を他人が使い同意書にサインをした場合などは、文書偽造となります。名前を使われた本人が訴えると慰謝料請求などに発展します。よく妻が不倫相手との子供を身ごもり、夫の名前を使い中絶に及ぶことは少なくありませんが、もしも頼まれても決して代わりに同意書にサインをするのはやめましょう。

 

親の同意書の偽造

未成年の場合、親からも同意書を提出してもらうことが必要となります。しかし、妊娠を親にばれたくないからと、友達にサインをしてもらうことも少なくありません。しかし、のちに親が入院などで気づいたときに、病院側に責任追及を求めたりとなにかとトラブルの元です。必ず親の同意は親自身に書いてもらいましょうね。

スポンサーリンク