麻酔無しの中絶手術はありうるのか

麻酔無しの中絶手術はありうるのか

麻酔無しの中絶手術はありうるのか

中絶手術で麻酔なしはあるのか

中絶手術というと麻酔をして患者が眠ったあとに行われるのが多いですが、病院によっては麻酔をせずに行うところもあるようです。その理由は妊婦さんの状態によっても変わるのでしょうが、これといった理由はなく病院の方針で行っているところもあるようです。麻酔がない中絶手術とはどのようなものなのでしょうか。

 

まず痛みに関してはかなり痛いようです。麻酔なしで手術にのぞんだ多くの人が、経験したことのないような痛みだったといいます。誰でも、もう二度とこんな目にはあいたくないと思わされるといいます。さらに術後も痛みに耐えなければならないようです。中にはい痛みに耐えられず、手術が中断してしまうこともあるそうです。

 

麻酔の受けられるところで

今の時代、麻酔をして中絶をすることがほとんどでしょう。麻酔なしの手術を行うところは少ないはずです。病院の方針で麻酔を行わない医師の言い分としては、痛みを経験し繰り返さないという意味もあるのかもしれません。しかし、二度と望まない妊娠を繰り返さないために出来ることはほかにもあります。

 

何も、手術の痛みを感じずに中絶をしたからといって心の痛みがまったくないわけではないはずです。中絶を繰り返す人は確かにいます。しかし、中絶の悲しみを抱え、繰り返すことなく生きている女性もたくさんいるのです。

 

ですから、もしも中絶を考えたときはきちんと病院選びをすることが大切といえるでしょう。麻酔をして手術が行えるのかというのは大きなポイントの一つです。また、信頼できる医師であるか、設備や衛生面でも安心して手術を受けられる環境であるかなどを吟味し、きめましょう。中絶は手術です。自分の身体のためにも、きちんとした判断をしましょう。

スポンサーリンク