中絶後に再手術が必要になる場合

中絶後に再手術が必要になる場合

中絶後に再手術が必要になる場合

中絶に再手術はあるのか

中絶を受けた後に再手術になるようなことがあるのでしょうか。中絶手術とはシンプルな機器を使って行われます。作業としては胎児と胎盤をかきだすことで、この技術は手術をする医師によってだいぶ異なります。

 

一度の手術でしっかりやってくれる医者がいる一方で、手探りの作業ということもあり、取り損ねた塊などが残ってしまうことも稀にあります。もしもこのような場合は再手術が必ず必要になります。そのままにしておくと将来不妊に悩まされることも珍しくないのです。

 

再手術と聞くとその病院に不信感を抱く人もいるのではないでしょうか。病院を信用できないと感じたらほかの病院に移ることも可能です。

 

病院選びは慎重に

このような理由から、中絶をする時は病院選びには気を付けてほしいものです。そうでなくても中絶は、痛みがつらいうえ、精神的にも疲れるものです。それをもう一度なんて考えたくもないでしょう。出来ればきちんと一度の手術できちんと済ませてもらえる医師に手術を頼みたいものですよね。

 

再手術をすればそれだけ費用はかかります。余分にかかった費用の負担は病院によってそれぞれですが、患者側が全面負担というケースも少なくありません。一度の場合でも中絶費用は20万円ほどかかるとされていますから、お金の面で負担は大きいです。

 

なかには、金銭目的で手術を何度も行っているのではと疑われるような病院もあるといいます。少しでもこの病院はおかしいと感じたら、別の病院に相談して手術を行ってもらうこともできるかもしれませんよ。

 

中絶は女性にとって今後の将来にもかかわる大きな問題です。ですから、それにかかわる病院は慎重に選ばないと一生後悔するかもしれません。

スポンサーリンク