中絶費用が安い場合

中絶費用が安い場合

中絶費用が安い場合

中絶の費用は

中絶とはどのくらいの費用がかかるのでしょう。それは中絶を受ける時期によってことなります。初期の場合は10万円から15万円ほどだと言われています。中期に入るとその額は一気に増えて、30万円から50万円と中絶をうける妊娠週数、胎児の大きさなどで異なります。

 

中絶には健康保険がきかないので金銭的な面でもかなり負担がかかります。病院によっても費用に差が出ます。安いからということで選ぶというよりは技術面などで信頼がおける病院を選ぶようにしましょうね。

 

中絶費用を安くするには

中絶費用を安くしたいと考える場合、まず出来ることははやめに決断をするということでしょうか。初期と中期では費用に大きな差があります。もしも少しでも中絶を考える場合は問題を後回しにせずにパートナーと妊娠がわかった時点でよく話し合いましょう。金銭面だけでなく妊婦さんの身体的負担も、手術が遅ければ遅いほど大きくなってしまいます。

 

お金はしかたがありません

もちろん中絶をせずに産んだ方が良いのですが、なんらかの理由があって中絶を考えるとき、お金をどうするかで悩んで時がたち、中絶を受けられる期間を過ぎてしまうということがまれにあります。しかし中絶のお金は仕方のないことです。のんびりしてはいられません。周りに頭を下げてでも集めなくてはなりません。

 

子供を産めばそれ以上のお金が将来かかります。産む方がずっと良いですが、産んでからも甘くはありません。産み育てていくだけの覚悟を持たなければなりません。中絶を受ける費用が集められないからと安易に産んでしまい育てられないということは出来ません。そのことをよく考えて決断をしましょう。

 

特に未成年はお金が払えないからということで初めて親に打ち明けることも多いようです。妊婦さんは特に自分の身体を大切にしないといけません。無理にお金をどうにかしようと考えずにまず親や身近な親戚に勇気をもって相談してみましょう。

スポンサーリンク