中絶手術と保険証

中絶手術と保険証

中絶手術と保険証

保険証なしで手術を受けられるか

中絶手術代は保険の適用外ですから自費となり、保険証は必要ありません。しかし、手術前のエコーや問診、触診などは保険が適用されますし、多くの病院で保険証の提示を必要としますから、保険証はもっていったほうが良いです。

 

病院側が患者の身元を確認するためです。保険証を提出すると、家族に中絶がばれてしまうと考える人もいるでしょう。その場合は、初診でカルテを作る時のみに使用してもらい、保険証には何も記載しないように念のためお願いしましょう。

 

しかし中絶は基本的に自費診察となります。これは国民健康保険でも、健康保険でも同じです。そのため問題ないでしょう。自費負担であれば基本的に記録に残ることはありません。

 

しかし万一手術でなにかあったときは保険適用となることもあるので覚えておきましょうね。

 

また、親に扶養してもらっている場合は、健康保険から診察記録が毎年送られます。この記録が心配な場合は総合病院を選ぶと良いです。何かということまでは記載されないのでばれる確率は低くなります。

 

親には話しておいた方が

中絶は未成年などの場合特に親にはばれたくないものでしょう。しかし、隠そうとしてもお金の面で隠しきれないことが多いです。あとあとになって焦って相談するよりも、妊娠が分かり、自分たちだけではどうしようもないと分かる状況の場合は大人にしっかり相談しましょう。あらゆる手を使って隠そうとしても、親は子供をよくみているもの。なにか様子がおかしいと気づきます。

 

中絶の時に保険証を提示するのはあくまで身元確認のためで、記録を残すことはありません。親ではなく夫にばれずに中絶をしたいという人もいます。基本的には内緒で中絶をするなどということは後々トラブルのもととなりおすすめしませんが、どうしてもの場合は安心してよいでしょう。

スポンサーリンク