中絶による精神への影響

中絶による精神への影響

中絶による精神への影響

中絶の後遺症

中絶は女性にとって身体的にも精神的にも影響の大きいものです。例えそれが自ら選択したことであっても、ショックが消えず中絶後も後遺症として心の傷を抱えることは珍しくありません。中絶による心的外傷後ストレス障害のことを“中絶後遺症候群(PAS)”といい、症状は不眠や悪夢、子供を避ける、自殺願望などが挙げられます。ほかにも様々な症状が見られ、人によって違います。

 

ほかには、うつ病を術後引き起こす人もいます。中絶の罪悪感から気分が沈み、食欲をなくしたり、睡眠不足に陥ったりします。希望をなくし気分が落ち込んでしまうことが多いです。

 

中絶というショックな出来事を経験することで不安がストレスとなりパニック障害を引き起こすケースもあります。この場合、自分は死んでしまうのではないかという恐怖感にとらわれ、動機や息苦しさを突然感じます。

 

これらを克服するには

これらはすぐに解決しようとしてもなかなか無理です。少しずつ気持ちを吐き出すようにしたり、リラックスできるような環境を作っていくことが必要でしょう。たとえばパートナーや家族など自分を理解してくれる人に今の気持ちを打ち明けてみましょう。ただ聞いてもらうだけでもすこし楽になるかもしれません。

 

もしもそれができないのであれば、心療内科や精神科の受診も良いでしょう。カウンセリングを受けることで自分が気づかなかったことに気づけるかもしれません。

 

中絶は女性にとって大きな出来事です。中絶で受けた傷は何年たっても消えることはありません。しかし、もしも中絶という悲しい結果になっても私たちは前を向いて生きていかなければなりません。たまに中絶に罪悪感を感じ自殺を考えるまでに精神的に落ち込んでしまう人がいます。そんな時は周りの人たちが出来る限り気持ちに寄り添い、傍にいて安心できるようにしましょう。

スポンサーリンク