中絶手術後の出血

中絶手術後の出血

中絶手術後の出血について

妊娠中絶手術を受けた後には、ほぼ確実に出血が起こります。

 

多くの場合は自然と治まる症状ですが、中には子宮の異常を知らせる出血も存在します。

 

今回は、中絶手術後に起こる危険な出血と、通常の出血の見極め方を説明していきます。

 

中絶手術後の出血

中絶手術後の出血は2つに大別されます。

 

(1)中絶手術による出血

中絶手術は子宮内から妊娠のための組織を剥がす手術です。

 

たとえ妊娠初期の段階であっても、中絶手術を受けたあとは出血が起こりやすくなります。

 

出血が起こる理由は、「剥がした妊娠組織が子宮内に残っていて、時間を置いて体外に排出された」という場合と、「子宮に小さな傷がついており、その傷から出た血が流れてきた」という場合です。

 

どちらの状態でも、大量の出血でない限り、危険はないでしょう。

 

痛みを伴う場合も、生理痛のような腰痛や鈍痛であれば安心してよいでしょう。

 

期間としては、平均的に2週間程度で治まるとされています。

 

ただし、中絶手術から2週間で月経が再開することもありますので、気になる場合は医師の診断を受けたほうが良いでしょう

 

(2)感染症や子宮内の深い傷による出血

こちらの出血は異常出血と呼ばれるものです。早い段階で医師による処置が必要となります。

 

症状としては、大量の出血・熱が出る・嘔吐・下痢・高熱・激痛などがあらわれます。

 

全ての症状があらわれることは少なく、人によってあらわれる症状には差があります。

 

二度目の中絶手術には注意が必要

特に、短い期間で中絶手術を繰り返し行なった人は、出血に注意が必要です。

 

中絶手術を繰り返すと、子宮の傷が治りにくくなります。

 

傷が治りにくくなるということは、それだけ感染症にもかかりやすくなっているということです。

 

少しでも異常を感じたら、早めに再診療を受けましょう。

スポンサーリンク