望まない妊娠による中絶

望まない妊娠による中絶

望まない妊娠による中絶

望まない妊娠とは

望まない妊娠とはどのようなことをいうのでしょう。それは、計画したわけではない妊娠のことで、主に避妊を怠ったことなどが原因で、なかにはレイプなどの被害をうけて妊娠してしまったという人もいます。この場合様々な理由から出産を望まず中絶を選択することは少なくありません。

 

妊娠してしまったのに子供を産まないというのはどのような理由があるのでしょう。未成年の場合、経済的な理由が一番で、未熟で育てられるのか不安であるということもあげられるでしょう。また、未婚の場合同じく経済的な不安と、仕事を続けていきたいという女性の事情も関係していることがあります。もしくはパートナー側に結婚できない理由があることもあります。

 

もちろん結婚していない相手との子供が望まないうちに出来て、そこから結婚し産み育てているひともたくさんいます。

 

既婚者の場合は、計画はしていなかったものの育てるという場合が多いのですが、上の兄弟との年齢の差を気にして中絶を選ぶ人もいますし、年齢的なことを考え産むことに不安を感じる人もいます。

 

望まない妊娠をしないためには

やはりまずは、きちんと正しい方法で避妊をすることでしょう。避妊をすれば、かなりの確率で妊娠を防ぐことができます。特に女性はパートナーにも避妊の意識をしっかりもってもらいましょう。正しい知識がないと意味がないので確認しておきましょうね。

 

もしも望まない妊娠をした場合

望まない妊娠をしたとき、中絶かそれとも産むのかとても迷うひともいるとおもいます。妊娠、出産は二人の問題でもあり、家族全体の問題でもあります。周りの意見を参考にしながら中絶をするべきなのかしっかり決めていくことが大切でしょう。