中絶の悲しみ

中絶の悲しみ

中絶の悲しみ

中絶の悲しみとは

中絶を受けると、大きな悲しみを背負います。特に女性の悲しみは大きいものです。なぜなら妊娠すると女性の身体はお腹の子供を成長させるために準備を始めるのですが中絶でホルモンバランスが大きく崩れ悲しみをより感じやすくなるからです。さらに、妊娠すると母性がうまれます。まだ小さな命ではあるものの、妊婦さんにとっては自分の大切な子供なのです。

 

周りの環境によっても悲しみが大きくなることがあります。例えば、パートナーが自分の悲しみを理解してくれない、もしくはパートナーと中絶を機に分かれてしまった場合などは自分の気持ちを吐き出す場所がないために深い悲しみを背負ってしまうことも多いです。

 

それ以外でも家族などで自分の気持ちを理解してくれる人がいればまだ打ち明けられるのですが、周りに秘密にしたまま中絶を受けた場合、それさえ話題にできずに苦しんでしまいます。

 

悲しみを乗り越えるには

中絶の悲しみを乗り越えるにはどうすれば良いのでしょう。まずは、少しの間悲しみに浸ってしまうのも良いでしょう。しかしいつまでもふさぎ込むことはいけません。たしかに大きな悲しみは決して忘れ去ることは出来ず、心の片隅にいつもあるものです。ふとした時に思い出すこともあるでしょう。しかしそれは仕方のないことです。完全に忘れるというよりは、その悲しみから今後を考えていくのです。

 

そのためには、まず自分の悲しみをしっかり受け止めましょう。悲しむことで間違った選択をしてしまったのではないかと考えてしまうこともありますが、中絶に至る大きな理由があったはずです。仕方のないことだったけど、悲しいという素直な気持ちを周りに話してみましょう。自分の気持ちに正直に向き合うことで、気持ちを少しでも前に進められるはずです。

スポンサーリンク