中絶すると妊娠しにくくなるのか、それとも妊娠しやすくなるのか

中絶すると妊娠しにくくなるのか、それとも妊娠しやすくなるのか

中絶すると妊娠しにくくなるのか、それとも妊娠しやすくなるのか

中絶すると妊娠しにくくなる

女性は妊娠をして子どもを産みます。しかし、それが望まない妊娠であったり、病気などが原因で妊娠を続けることが難しかったりする場合、中絶を行うことになります。

 

しかし、中絶をすることで、将来的に子どもが妊娠しにくくなるという話や、逆に妊娠しやすくなるという、相反する聞いたことがあるかもしれません。

 

実際には、中絶をすると妊娠しにくくなる場合があります。決して妊娠しやすくなることはないでしょう。

 

施術方法が原因

中絶をすることで妊娠しにくくなる主な原因は施術方法にあります。中絶の施術方法の一つに、子宮内に器具を入れ、その器具で内容物を掻き出すという施術方法があります。

 

こうすることで妊娠を止められるのですが、内容物だけでなく子宮内膜も一緒に削ってしまうことがあります。すると子宮内膜が薄くなり、妊娠しにくくなるのです。

 

また、子宮内膜は再生しますが、全て均等に再生せず、分厚い所があれば薄い所もあるといった状態になります。

 

中絶の経験回数が多ければ多いほど、妊娠する可能性も減っていくことになります。

 

中絶による炎症も原因になる

また、中絶をすることで子宮内膜が薄くなるだけでなく、子宮内で炎症が起きることで妊娠しにくくなる場合もあります。

 

子宮は妊娠の際に最も大切な場所になりますが、子宮内で炎症が起きることで、環境が悪くなり妊娠しにくくなります。また、その炎症は卵管などにも広がることがあるため、さらに状態は悪くなります。

 

しかし、中絶をしたからといって必ずしも妊娠できないわけではありません。おそらく周囲の人の中にも、過去に中絶を経験していて、今では子どもは複数人いるという人もいるでしょう。

 

中絶経験がある人でも、妊娠を希望するのであればあきらめないでください。

スポンサーリンク