中絶に関する歌

中絶に関する歌

中絶に関する歌

中絶は様々な理由によって行われます。そのため、必ずしも悪いこととは言い切れません。しかし、お腹の中にいる小さな命を終わられる行為には変わりありません。

 

日本での中絶は比較的簡単に行えます。そのため、万が一妊娠しても中絶すればよいという考え方が浸透しています。

 

世の中には中絶に関する歌があります。このような歌を聴くことで、中絶に対しての認識が変わる可能性もあります。万が一の時には中絶をすれば、と考えている人にはぜひ一度聴いてもらいたい曲です。

 

Dir en grey 〜mazohyst of decadance〜

Dir en grey の「mazohyst of decadance」という曲は、まさに中絶をうたった歌です。歌詞は中絶される子供からの視点で描かれており、中絶の施術が非常に大変であることがうたわれています。

 

また、中絶される子供の思いや感覚なども含まれています。実際には、中絶される子供の気持ちは誰にもわかりませんが、おそらくこのように考えているだろうと納得してしまうほど、リアルな歌詞です。

 

歌詞全体が非常に衝撃的なものですが、中絶がどのようなものかを思い知らされるような歌です。

 

SEKAI NO OWARI 〜幻の命〜

今や非常に人気があるSEKAI NO OWARI。そんなSEKAI NO OWARIが2010年に発売した「幻の命」も中絶に関する歌だと言われています。

 

歌詞の内容は直接的に中絶をうたったものではありませんが、解釈の仕方によっては中絶をうたっているのではないかと思います。

 

これは、子供に対しての歌であり、「幻の命」となってしまった子供も、一つの命であり、れっきとした自分の子供であることを感じさせられます。

 

全体的にきれいな曲調で聴きやすいですが、しっかりと理解すると、非常に重くのしかかるような歌になっています。

 

このように歌からでも中絶について考える機会を得ることができるので、一度聴いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク